根掛かりも怖くない!

猿橋 朋浩 (関東エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 12月中旬
■場所 ・・・ 亀山ダム

皆さん、こんにちは。
東京でも初雪が観測された日、暖かい部屋で引きこもっていたい気持ちを押し殺して亀山ダムへ行ってきました。(笑)

141218_saruhashi_01.jpg

この日は複数のレンタルボート店のローカルトーナメントが行われており、冬の実績場所にはヒトヒトヒト。
私は手堅く釣っていきたいので安定しているディープをライトリグで狙っていきますが、水温も11℃台まで下がってきたせいか、バイトがあってもなかなか掛けることができませんでした。
ライトリグがダメならと、ベイトや魚が溜まっているエリアを探し、メタルジグでのリアクションの釣りへシフト。

141218_saruhashi_02.jpg

ボート下をバーチカルに狙って、リフトアンドフォールで食ってきました。

私はメタルジグのフックを、がまかつ トレブルSP ミディアム(NSB)に交換しています。
メタルジグにて通常このような釣りをしていると、フックとラインが絡んでしまって「エビ」と呼ばれる状態になりやすくなってしまいます。

がまかつ アウトバーブトレブル120などの絡みにくいアウトバーブ型フックを使うのもアリなのですが、がまかつ トレブルSPシリーズ、又はがまかつ トレブルRBシリーズのフックはマイクロバーブを採用しており、フックのバーブにラインが絡み難いのです。

この釣りはボトムを取る釣りの特性上、根掛かりのリスクは必ずあります。
根掛かりを外せたのはいいがフックが曲がってしまい、交換しなければならなくなった時、寒い湖上で悴んだ手で細かいスプリットリングをオープナーを使い、開いて交換...。
なんて、考えたくもありませんよね...。(笑)

141218_saruhashi_03.jpg

このシリーズのフックはフックアイにマジックアイを採用してあるので、フック交換はオープナーを使わずに素早く、簡単に交換することができます。
もちろん刺さりも折り紙付きです!

前回の記事に引き続き、冬のバイトを得るためにもフックセレクトは最重要です。
そろそろ竿納め...という方もいらっしゃいますが、今年のシメの魚をゲットするためにも、ぜひぜひ使ってみてくださいね!

■場所:亀山ダム

■タックルデータ
ロッド:LUXXE ATS05 B68M Multi Mission "MEDIUM"
ルアー:メタルジグ8g
フック:がまかつ トレブルSP ミディアム(NSB) #10