中海ボーゲー

浜田 恭 (中国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 10月末
■場所 ・・・ 中海

私はショアとボートの両方からシーバスを追いかけています。
なので、中海や宍道湖での群れの移動や状況を広く知ることができます。
ただ、移動のタイミングなどは年ごとの誤差が大きいので、なかなか掴みきれないのが悩ましいところであり、面白いところでもあります。

141113_hamada_01.jpg

中海の淡水化事業が中止されてから約14年、中海を堰止める目的で造られていた森山堤防(約3km)の一部が開削されて、潮通しを改善する処置がなされてから約5年が経過しました。
開削工事完了の2009年当時は、水質の改善と漁獲量の向上が期待されていました。
しかし、ここ数年は青潮による小魚の大量死、アオコの大量発生、藻の大発生などの様々な問題が次々と報告されていて、順調に改善の方向へは向かっていないような意見を多く耳にします。
すべて人の手で自然のバランスを崩したことと関係があるかどうかは分かりませんが、少なからず関係はあると思います。
水辺で遊ばない人たちにとっては、あまり関係のないことに思われてしまうので、私たちアングラーも水辺に関わる者の1人として周りに情報発信していかなければなりませんね。

141113_hamada_02.jpg

そんな中海にボートシーバスをやりに出掛けてみました。
少し前は水温が高くて魚探にベイト反応が全く出ない中海でしたが、この日はいたるところで良さそうな反応を魚探画面にて確認することができました。
更に少し曇り気味のコンディションが功を奏したのか、シーバス達の反応は上々。
まわったポイントの全てでシーバスのヒット&ファイトを楽しむことができ、ロッドを持つ右腕がダルダルになりました。
厳しい自然環境の中でも元気に私たちを楽しませてくれるシーバスに感謝!!

LUXXE Deck stage 斬鱸GTシリーズは細身で軽量なのですが、すごく粘りがあるロッドです。
強めのドラグ設定でロッドに負荷を大きくかけたファイトも余裕でこなしてくれるので、おススメのボートゲームロッドです。

■場所:中海

■タックルデータ
(スピニング)
ロッド:LUXXE Deck stage 斬鱸GT S70MH-RF
リール:セルテート2500RH
ライン:LUXXE LINES LIGHT SHORE 1.2号+22LBリーダー
(ベイト)
ロッド:LUXXE Deck stage 斬鱸GT B66MH-R
リール:アンタレスDC7
ライン:ナイロン16lb.
ルアー:シリテンバイブ、X-80、バックウォッシュF
フック:がまかつ トレブルRB ミディアムヘビー #6 #4
スナップ:がまかつ 音速パワースナップ M