北海道釧路ロケ後編 アオゾイ

鹿野 栄健 (東北エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 9月22日
■場所 ・・・ 釧路

北海道ロケ初日でウサギアイナメが十分な釣果だったため、最終日は自然の磯場でのロックフィッシュ狙い少々と、釧路で人気の沖釣りターゲット「アオゾイ(クロメヌケ)」にチャレンジすることとなりました。
最終日のメインターゲット「アオゾイ」は、今回のロケ釣行の中でウサギアイナメに次ぐ釣りたい魚でした。
しかし、ロケ前の事前調査でもソフトルアーでの情報など全くなく、釣れるのか分からない未知のターゲットでもありました。

141008_kano_01.jpg

集合時間の5時過ぎ、霧の街釧路らしい光景の中で出船し、この日は前日とは逆のエリア厚岸方面へ船は走りだしました。
古谷船長は当初、朝一に天然の磯場に入るつもりでプランを組んでくれていたですが、霧の中での磯へのアクセスは控え、磯へ向かう途中40mラインの根回りをランガンしながら霧が晴れるのを待って磯へ入る作戦へ変更となりました。

この日私がセレクトしたタックルは、磯撃ち用がLUXXE Coastline 岩鬼FII B78H-RFの1ozテキサスリグで、ディープのアオゾイ狙いはLUXXE Coastline 岩鬼FII S80MH-RFの2ozテキサスリグです。

141008_kano_02.jpg

最初のディープの根回りから反応はすぐに得られ、ウサギアイナメ、ガヤ、柳の舞、カジカ、タラ、宗八ガレイなど多種多様な魚をキャッチすることができました。
ディープで釣れるウサギアイナメは、一味違った色合いでこれもまた新鮮な感じです。
しかし、釣れども釣れどもアオゾイは顔を見せず...。
今回、大ドモで竿を出していた船長助手のお二方は、胴付仕掛でまばらながらアオゾイがヒットしていました。
やはりアオゾイはワームじゃ釣れないのか...と不安に思っていると、霧が晴れて青空とともに、目の前にグランドキャニオンを連想させるような雄大な光景が広がりました。
そして、いざ磯ロックへ!

141008_kano_03.jpg

これまで目にしたことのないような絶景の中でのロックフィッシュ。
沖ではイルカが泳ぎ、波打ち際ではアザラシが体を休め、北海道のスケールの大きさをまざまざと感じさせられました。
否が応でも期待は高まります。
実釣を開始すると、開始早々からカンっという鋭いバイト!
ロッドを絞り込む強い引きの正体は、良型のクロソイでした。
しかし、その後というもの魚の反応はぱったり途絶え、残念ながら磯撃ちを断念しメイン「アオゾイ」狙いにシフトしました。

141008_kano_04.jpg

数ヶ所のポイントをランガンしながらのアオゾイ狙います。
はやる気持ちを抑えて、魚探を見ながら船を立ててくれる船長の一際力の入った声「アオゾイ入ったぞ!」という合図を待ち、プーと当時にリグ投入!
フォールの途中からバイト到来!
何やら今までと同じような引きで上がってきたのは柳の舞です。

141008_kano_05.jpg

しかし、大ドモの方にはアオゾイがヒットしているではないですか!
良く見てみれば、青い反射材のついた鈎に多く掛かっている様子です。
これは試してみるしかない、と手持ちで寒色系カラー緑にチェンジ。
すると、投入早々からバイトがありました。
今度はこれまでと違う!力強くトルクのあるファイト!黄金に輝く魚体!遂にアオゾイキャッチとなりました。
してやったり!!という嬉しさと共に、1匹だけでは確信できないと間髪入れずに再投入。
すると、アオゾイが連続ヒットしました!
橋本さんもコツ掴んだようで、2人でアオゾイが連発となり、ソフトルアーでの可能性を強く感じると共に確信へと変わっていきました。
今回案内して下さった釧路繁栄丸の古谷船長、お手伝いのお二方も、ソフトルアーの威力に圧倒されておりました。
今後、新しい釧路根魚の流れとして定着してくれたら嬉しいです。
船長の流しが非常に上手なので、2ozシンカーであれば80mまでストレスなく釣りができますよ。

141008_kano_06.jpg

今回の2日間の北海道釧路ロケでは北海道のスケールの大きさ、そしてロックフィッシュの魚影の濃さなど、本当に圧倒されました。
ぜひフィッシング倶楽部オンエアをご覧下さい!
そして、東京からであれば飛行機1本で釧路までアクセスできますので、ぜひ釧路ロックフィッシュにチャレンジしてみて下さい。
ちなみに、私たちの翌日には東京からアオゾイ狙いでお客さんが入っておりました。
思った以上に関東からの身近なフィールドなのかもしれませんよ。

最後に、約束をこんなに早く実現して頂き、憧れだったウサギアイナメ、北海道でしか出会えない魚達とめぐり合わせて下さったスタッフの皆様、釧路繁栄丸の古谷船長はじめお手伝いの皆様、本当にありがとうございました!
またいつの日か再び会いに行きたいと思います。

■場所:釧路

■タックルデータ
ロッド:LUXXE Coastline 岩鬼FII B78H-RF
リール:アンタレスDC7
ライン:ラピノヴァ-X2号+フロロ20lb.
リグ:テキサスリグ1oz
フック:がまかつ ワーム321 バルキースタイル 2/0
ルアー:リングマックス6inch

ロッド:LUXXE Coastline 岩鬼FII S80MH-RF
リール:ルビアス3012H
ライン:オクタノバ-X0.6号+フロロ12lb.
リグ:テキサスリグ2oz
フック:がまかつ ワーム321 バルキースタイル #1
ルアー:アクア ミルフル