秋は始まったばかり

猿橋 朋浩 (関東エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 9月中旬
■場所 ・・・ 千葉県 亀山ダム

始めまして!
この度、ラグゼスタッフになりました、猿橋と申します。

簡単にですが、自己紹介をします。
私は茨城県に在住しており、霞ヶ浦水系をメインに関東近辺で活動しています。
主に陸っぱりでの釣行ですが、ボートからの釣行もしています。

近年、関東近辺のフィールドではハイプレッシャー化が進んでおり、誰でも簡単にバスをキャッチできる状況ではありません。
その中で、如何に今のバスにアジャストさせるように釣りをするか?...と考えながら釣りをしています。

さて、本来なら陸っぱりでの釣行を記事にする予定でしたが、亀山ダムへ遊びに行ってきたので、ご報告致します。
釣行当日は朝は風が強く、また雨の影響で水温も少し下がってしまい、魚が一点で固まっている様子ではありませんでした。
なので、この日は釣果が安定している3~5mのフラットをキャロライナリグで探り、点々と存在しているインビジブルストラクチャーをライトリグで探っていくことにしました。

まずは、LUXXE ATS05 B610MH-MULTI MISSION"MEDIUM HEAVY"に3/8ozのキャロライナリグをセットして、フラットやブレイク沿いを通して広範囲をサーチしていきます。
アクションも広範囲のレンジを探れる様に、リフトさせてそのままロッドを寝かせずにワームがスイミング気味になるようにして、中層に居るであろうバスにもアピールしていきます。

141007_saruhashi_01.jpg

サイズは選べませんでしたが、上手くアジャストできると連発なんてこともありますよ!
ちなみに、今回は少し浅めの場所でした。

私がこのロッドをキャロに使う理由は6フィート10インチというレングスで少し長さがある分、通常のルアーより投げ辛いキャロライナリグを扱いやすく、また、スウィープにアワセなくてはならないこのリグでもASDから生み出される絶妙な曲がり、LUXXE ATS05シリーズ独特の粘りがしっかりとフッキングのタメを作ってくれて、バスの口にフックを掛けることができるからです。

この後はキャロライナリグに反応が全く無くなり、ライトリグでピンポイントを丁寧に探っていかないとバイトが得られない厳しい状況になりました...。
ボトムに点在するゴロタエリアや岬周りをスモールラバージグや、がまかつ W.I.S. フラットストレートに重めのシンカーを入れたネコリグでリアクション的に口を使わせることにしました。

141007_saruhashi_02.jpg

こちらもアベレージサイズばかりでしたが、パターンとして活きたようです!

癒されれるためによく釣れる亀山ダムへ遊びに行ったはずなのですが、今回は少し修行になってしまいました...。
これからの季節はバスも食欲の秋になってくるので、皆様も楽しいバスフィッシングを満喫して下さい!

■場所:千葉県 亀山ダム

■タックルデータ
(キャロライナリグ)
ロッド:LUXXE ATS05 B610MH-MULTI MISSION"MEDIUM HEAVY"
フック:がまかつ ワーム322 スリムスタイル

(ネコリグ)
ロッド:LUXXE ATS05 B68L B-Fine Master "VERSATILE"
フック:がまかつ ワーム329 ハンガーHD
ルアー:がまかつ W.I.S. フラットストレート 5.5インチ(ネコリグ)