JBマスターズプロシリーズ最終戦 3位入賞!

松村 真樹 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 10月18日、19日
■場所 ・・・ 長野県 野尻湖

みなさんこんにちは!
ラグゼスタッフの松村真樹です。
10月18日(土)と19日(日)の2日間、長野県野尻湖で開催されました、JBマスターズプロシリーズ最終戦で3位に入賞することができました!
今回はその模様をお伝えします。

【前日プラクティス】
久しぶりの野尻湖ということで、とりあえず湖の状況を把握するために全湖をランガンして様子を見ることにしました。

141009_matsumura_01.jpg

最初に向かったポイントはマリーナからほど近い琵琶島沖、水深8~10mのフラットエリアです。
魚探でワカサギの群れを確認することができたのでバスもこのエリアにいると確信し、2インチワームのライトキャロライナリグをキャストしました。
すると、2投目でスモール独特の強烈なバイトを感じてフッキング!
上がってきたのは、700gほどのスモールにしてはグッドサイズでした!

141009_matsumura_02.jpg

さらに魚探を見るとワカサギの群れと共にバスの姿も確認できたので、このエリアは使えると思い次のポイントへ移動しました。
次に向かったポイントは、野尻湖の南側に位置する針ノ木ワンドです。
小さな岬に、先ほどと同じライトキャロライナリグをキャスト。
するとここでもすぐにバスからの反応があり、600~700gのバスを連発でキャッチすることに成功しました。

141009_matsumura_03.jpg

翌日からの試合を考えるとこれ以上は釣りたくなかったので、再びポイントを移動することにしました。
その後はカトリック沖、琵琶が崎、砂間が崎周辺でもバスからの反応を得ました。
ここ最近釣れないと言われる野尻湖でしたが、良いイメージを持ってプラクティスを終了することができました。

【大会初日】
スタート直後に向かったのは、前日700gのバスが釣れた琵琶島沖8~10mのフラットエリア。
前日とは風向きが全く違っていたので、釣れるのか少し不安でした。
しかしプラクティス同様、2インチワームのライトキャロライナリグをキャスト。
15分ほど経過した時に待望のバイトがあり、フッキングです!
前日よりさらにサイズアップした800gを越えるグッドサイズを、幸先良くライブウェルに納めることができました。

このエリアでは連発せず、次に針ノ木ワンドへ移動。
東側にあるさらに小さなワンドの、水深8mに沈んでいるオダへライトキャロライナリグをアプローチしました。
すると、30分おきに700gクラスのバスを3本キャッチ!
さらにポイントを移動し、カトリックから水道局へ続くストレッチで5本目となるバスをキャッチしてリミット達成に成功しました!
残りの時間は翌日のプラクティスに費やして、帰着。
検量の結果は、5本で3298gでした!

141009_matsumura_04.jpg

まずますのウエイトで、初日を2位につけることができました。

【大会2日目】
この日まず向かったのは、前日調子の良かった針ノ木ワンドです。
そこでプラクティス、初日と2日間やり通してきた2インチワームのライトキャロライナリグをキャスト。
しかしこの日は前日までとは違い、なかなかバスからの反応がなく時間だけが過ぎ、ファーストキャッチは10時過ぎでした。
700gのバスをキャッチできたものの後に続かず、早めに見切りをつけポイントを移動することにしました。

プラクティスからの2日間、グッドサイズをキャッチすることができた琵琶島沖のフラットエリアではバスからの反応がありませんでした。
移動を繰り返していると、2本目はカトリック付近の岬、さらに琵琶が崎では3本目となるキーパーをキャッチすることができました。
しかし、5本のリミットを揃えることができず3本でフィニッシュ。
2日目は3本1584gという結果となりました。

141009_matsumura_05.jpg

全体的に厳しい釣果に助けられ、2日目大失速したにも拘わらず、表彰式では3位でコールされてお立ち台に上がることができました。
しかし、初日2位と優勝が狙えるポジションにいただけに本当に悔しい結果となりました。
次こそは必ず優勝します!

141009_matsumura_06.jpg

141009_matsumura_07.jpg

今回メインに使用したロッドは、LUXXE ATS05 S73UL SM Master "SOLID EMOTION"とLUXXE ATS05 S71L SM Master "SOLID HUNTER"の2本です。
1.8gのシンカーにはLUXXE ATS05 S73UL SM Master "SOLID EMOTION"を使用し、7.3fという長さを活かして軽いリグを遠くにキャストすることができました。
また2.7gのシンカーにはLUXXE ATS05 S71L SM Master "SOLID HUNTER"を使用。
7.1fとは思えない操作性の良さと高感度のカーボンソリッドを搭載しているお陰で、ボトムの状態が鮮明に分かることから今大会では一番出番が多かったロッドです。
フックはがまかつ ワーム321 ファインカスタム #6を使用。
2インチのワームにジャストサイズであり、2~2.5ポンドを使用したフィネスタックルに完全対応し、スィープフッキングもバッチリ決まります!
また、今回はインナーにがまかつ コンプレッションジップシャツとがまかつ コンプレッションスパッツを使用。
適度な締め付けにより、身体の動作を制限することなく筋肉の動きをサポートしてくれます。
特に、キャストを繰り返すルアーフィッシングでは身体に対する負荷低減に効果があります!
みなさんにも着用していただきたい一品です。

■場所:長野県 野尻湖

■タックルデータ
(ライトキャロライナリグ1)
ロッド:LUXXE ATS05 S73UL SM Master "SOLID EMOTION"
リール:スピニング2000番
ライン:フロロ2.5lb.
フック:がまかつ ワーム321 ファインカスタム #6
シンカー:1.8g
ルアー:2inchワーム

(ライトキャロライナリグ2)
ロッド:LUXXE ATS05 S71L SM Master "SOLID HUNTER"
リール:スピニング2000番
ライン:フロロ2.5lb.
フック:がまかつ ワーム321 ファインカスタム #6
シンカー:2.7g
ルアー:2inchワーム

(ウェアー)
インナー:がまかつ コンプレッションジップシャツ
      がまかつ コンプレッションスパッツ