北海道遠征2日目

橋本 久弥 (東北エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 9月下旬
■場所 ・・・ 釧路

前回に引き続き、北海道遠征の報告です。

141001_hashimoto_06.jpg

2日目も爆釣を期待して出船しました。
船頭さんが初日と全く違うエリアに連れて行ってくれるというので、またまたワクワク。
釧路から東に進み、厚岸方面、大黒島という島へ向かってくれるらしいのです。
その道中に、根周りに魚の反応があれば立ち寄る作戦です。

141001_hashimoto_01.jpg

アオソイ(クロメヌケ)という高級魚が今日の本命と決めたので、前日よりも水深は深めです。
何やら80m前後も行くという話でした。
まず止まった場所は30~40mで、リグを投入すると前日同様にバイトラッシュです!
本当に恐るべし魚影の濃さ。
またも魚種が豊富で、カレイまで登場しました。

141001_hashimoto_02.jpg

シャロー側に行けばアザラシ、沖目にはイルカがいました。
その中での釣りは、なかなか味わえないものです。
本命のアオソイは苦戦を強いられる予感がしました...。
同船していた餌釣りの針がたくさんついた仕掛には良型のアオソイが掛かってくるのに、ワームには食いついてこない!ではなく、ガヤの猛攻でアオソイを狙えないのです。
ガヤを交わすのは恐らく不可能なので、とにかく釣りまくり、数打ちゃ当たる戦法を取りました!
すると自分より先に鹿野君がアオソイをキャッチ。
う~ん悔しいです。
でもその後、すぐに自分もキャッチできて一安心でした。

141001_hashimoto_03.jpg

口はラージマウス、体はスモールマウスバスみたいな魚体で何か馴染める魚でした。
最大サイズは52センチのポットベリー。

141001_hashimoto_04.jpg

タックルは初日と同様で、LUXXE Coastline 岩鬼FIIシリーズを4機種、スピニングにはLUXXE LINES LIGHT SHORE 1.5号を使用しました。
リーダーはフロロ16lb.とタングステンシンカー14g~56g、フックはがまかつ エリートツアラー ワーム316R、
ワームはマルチクロー(ロックフィッシュ用プロトカラー)とバグジー5インチです。

141001_hashimoto_05.jpg

最後に、2日間、船長さん、船長さんのサブでご一緒されたお2人様にお礼を申し上げます。
多大なサポートありがとうございました。

■場所:釧路

■タックルデータ
ロッド:LUXXE Coastline 岩鬼FII B70H-RF
    LUXXE Coastline 岩鬼FII B78H-RF
    LUXXE Coastline 岩鬼FII S72MH-RF
    LUXXE Coastline 岩鬼FII S80MH-RF
ライン:LUXXE LINES LIGHT SHORE 1.5号
リーダー:フロロ16lb.、タングステンシンカー14g~56g
フック:がまかつ エリートツアラー ワーム316R
ワーム:マルチクロー(ロックフィッシュ用プロトカラー)、バグジー5inch