宍道湖デイゲーム

浜田 恭 (中国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 7月某日
■場所 ・・・ 宍道湖

宍道湖西岸で、デイのウェーディングゲームをやってきました。
真夏の宍道湖は水温が上昇し、魚たちにとっても過酷な環境となるので、川が流入している場所が一級のポイントになります。
小さな流れ込みであっても、魚たちにとってオアシスとなっているようです。

140820_hamada_01.jpg

宍道湖は浅い場所が多く、ウェーディングでアプローチすることで狙えるエリアが広がるし、肌で水温変化を感じられるメリットがあるのです。
ただし、急に深くなっている場所や、泥が堆積していて足が抜けなくなるような危険な場所も多いので注意が必要です。

140820_hamada_02.jpg

この日は私のお気に入りの、LUXXE Saltage CHEETAH-RR 96Mを使用しました。
このロッドは広範囲にサーチする場面にベストマッチな一本なのです。
フローティングミノーをセットして軽いトゥイッチを掛けつつ、2~3投ごとに移動しながらシーバス探しを開始しました。

140820_hamada_03.jpg

あきらかに水温が低くなっている場所に入った途端に、ファーストヒットです!
50cmクラスでしが、すごく元気にファイトしてくれました(^o^)

140820_hamada_04.jpg

やはり、シーバスはその場所に固まっており、怒涛の連続ヒットです。
反応が悪くなれば小さめのバイブレーションにチェンジして、再び連続ヒットです。
何匹キャッチしたかわからないほどキャッチ&リリースを繰り返し、満足したので終了としました。
サイズはフッコクラスが最大でしたが、楽しかったのでOKでしょう。(笑)

140820_hamada_05.jpg

今年の宍道湖はアオコの発生は少ないようですが、年々藻が増えているようなので少し心配です。

■場所:宍道湖

■タックルデータ
ロッド:LUXXE Saltage CHEETAH-RR 96M
リール:セルテート3000
ライン:LUXXE LINES LIGHT SHORE 1.2号+22LBリーダー
ルアー:バイブレーション12g、フローティングミノー9cm
フック:がまかつ トレブルRB ミディアムヘビー #8
スナップ:がまかつ 音速ラウンドスナップ L