小さな変化を見逃すな

行方 昌人 (関東エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 6月中旬~7月初旬
■場所 ・・・ 千葉県 河口

局地的豪雨のためになかなか河川の流入量が安定せず、今年のホームリバーは釣りをするチャンスがとても少なかったです(泣)。
それでもコンディションの良いシーバスに会うために天気、流量を観察しながら予測し、釣行を重ねています。

今年の傾向として、「川の流れと潮の干満で時折できる小さな潮目やヨレにシーバスがついている」という印象です。
いつどこでポイントができるかほぼ予測不能なので、できる限り水辺を観察しながらランガンしていきました。
近くのヨレにはミノー、遠くの潮目にはバイブレーションとローテーションしながら釣っていると、いきなり手元に電撃が走ります。

140805_namekata01.jpg

140805_namekata02.jpg

フッキング後はリールのドラグを緩めて、エラ洗いなどのラインテンションが緩むような激しいアクションを抑え、強い走りにはレバーブレーキを使ってラインを送ります。
あとはティップにラインテンションを感じながら巻き取ってくるだけで、不思議とあっという間に足元によってきます。
足場が高く、水深が浅いポイントですので、魚をうまく誘導するほうがバラシも少ないのです。
LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 104MH "POWER CONTACT"はとてもパワーのあるロッドですが、そんなランディングにも適したロッドですよ。

140805_namekata03.jpg

■場所:千葉県 河口

■タックルデータ
ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 104MH "POWER CONTACT"
リール:2500LBD
ライン:PE #0.8
リーダー:フロロカーボン4号
ルアー:ハイドシャロー、BeFLAP、IP26
フック:がまかつ トレブルRB ミディアム #5、#6、#7
    がまかつ トレブルRB Mショートシャンク #5、#6