宍道湖シーバス

浜田 恭 (中国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 6月某日
■場所 ・・・ 宍道湖

山陰の汽水湖エリアにも日本海から多くのベイトフィッシュが入ってきて、スゴクにぎやかになってきましたよ。
初夏のシーバスゲームといえば、やっぱり宍道湖です。
この時期の宍道湖には産卵を目的としたコノシロが多く集まってくるので、ここのシーバス達はコノシロを強く意識しており、アグレッシブでコンディションの良い個体が多く見られます。

140701_hamada_01.jpg

今回はランカーシーバスを強く意識して、13cm~15cmのミノーをメインに使用することにしました。
ロッドは、LUXXE Saltage CHEETAH-RR 96Mを用意しました。
宍道湖は瀬ズレなどの心配が少ないフィールドなので、MLクラスのロッドで十分です。
しかし、大きなルアーがメインとなることや、強くウエイトの乗ったシーバスを短時間でランディングしないといけないことから、LUXXE Saltage CHEETAH-RR 96Mがベストマッチだと言えます。

140701_hamada_02.jpg

この日は下げ潮のタイミングでポイントに入って、狙い通りグッドコンディションのランカーシーバスを二本キャッチすることができました。
やっぱり、宍道湖のコノシロ付きシーバスのパワーは凄いですね。
目的を達成できた楽しい釣行でした。

140701_hamada_03.jpg

この時期のシーバスは弱るのが早いので、リリースを行うのであれば写真撮影など時間をかけすぎないようしてあげましょう。

■場所:宍道湖

■タックルデータ
ロッド:LUXXE Saltage CHEETAH-RR 96M
リール:セルテート3000
ルアー:エンゼルキッス140
フック:がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー #4
スナップ:がまかつ 音速ラウンドスナップ L