西湖でのんびりと

瀧本 英樹 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 6月1日
■場所 ・・・ 山梨県 西湖

6月1日、山梨県西湖へ行ってきました。
今回はトーナメントの空き期間でしたので、普段はなかなか行かないトーナメントレイクでない場所で、レンタルボートを利用してのんびり釣りをしてみることにしました。

1406_23takimoto_01.jpg

西湖は河口湖と同様にワームが使えませんので、ハードルアー中心で釣りを進めました。

エンジンボートが禁止の湖ですので、手漕ぎボートにエレキをセッティングしてスタートしました。
すると、湖面のところどころに弱ったワカサギが浮いていました。
そのワカサギが痩せていたので、産卵後のものと思われました。
通常そのような光景が見られるのはもう少し早い時期で、6月には珍しいのです。
後にボート屋さんに尋ねてみたところ、今年はこの時期までだらだらと産卵が続いているのだそうです。

当然のごとくバスもそのワカサギを捕食している様子で、水面を意識した見えバスを結構な数、確認することができました。
これらのワカサギを意識したバスに焦点を当て、初めはI字系ルアーをゆっくりドリフトさせながら狙ってみました。
しかし、晴天無風だったためバスに今ひとつスイッチが入りきらず、苦戦を強いられました。

この釣りでは、風など吹くタイミングでないと食わせるのは難しいと判断しました。
今度は狙いを変え、それらの魚を自作のシャッドプラグで高速巻きしてみたりジャークを入れてみたりして、リアクションで狙ってみました。
すると、ブリブリの50センチが反応してくれました!
西湖のバスは傷などもあまりなく、とても良いコンディションをしています。

1406_23takimoto_02.jpg

1406_23takimoto_03.jpg

その後、バイトは少ないながらも同じ釣りでもう1本追加しました。

1406_23takimoto_04.jpg

私がシャッドプラグを使用するときに良く使うロッドは、LUXXE ATS05 S63L-FINE MASTER"QUICK MOTION"です。
張りのあるロッドなので、メリハリのあるアクションが演出でき、掛けてからはしっかりと追従してくれるのでバラシも少ないです。

その後、溶岩エリアに移動すると少し風が吹き始めました。
切り立った溶岩の壁の横にワカサギを待ち受けるバスが待機していることが分かったので、もう一度I字系ルアーを試してみることにしました。
風向きと角度を計算してバスの目の前に自然に流れ着くように風上にキャストしました。
アクションは付けずにゆっくり流れに乗せてやると、ルアーがバスの近くにたどり着いたときに、ゆっくりと浮上してパクッと食べてくれました。
このバスもブリブリで、ナイスコンディションの45センチでした。

1406_23takimoto_05.jpg

1406_23takimoto_06.jpg

その後、もう1本追加してストップフィッシングとなりました。

1406_23takimoto_07.jpg

西湖の素晴らしいロケーションと綺麗な魚に癒された釣行となりました。

■場所:山梨県 西湖

■タックルデータ
シャッド用
ロッド:LUXXE ATS05 S63L-FINE MASTER"QUICK MOTION"
ルアー:自作シャッド(フックはがまかつ トレブルRB Mショートシャンク #10を着用)
ライン:フロロ4lb.

I字系プラグ用
ロッド:LUXXE ATS05 S70L-SM MASTER"SPLIT"
ライン:フロロ4lb.