桃源郷

行方 昌人 (関東エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 5月下旬
■場所 ・・・ 千葉県 サーフ

黒潮の接近によってイワシの接岸が多かった5月、さまざまなフィッシュイーターたちが房総のサーフや磯を騒がせました。
シーバス、青物、フラットフィッシュ、日々変わる海況にあわせて姿を現す桃源郷?にアングラーとしては高揚感を隠せませんでした。
「何が釣れてもおかしくない」...このような状況に、LUXXE Saltage CHEETAH-RR 100XHを持ち込んで釣行してみました。

140612_namekata01.jpg

朝マズメ、サーフの地形を見ていると、写真の地形の通り「すごくヒラメが釣れそう」と悪い癖なのか?感じてしまい、当初の青物狙い半分の気分を棚上げしてミディアムダイバーのミノーをキャストしました。
LUXXE Saltage CHEETAH-RR 100XHは、このパワークラスにして、びっくりなほど軽いです!
そして、12センチ前後のミノーはもちろん、キャスティングに慣れた方なら、9センチクラスのミノーもルアー性能に見合うキャストが可能です。
また、釣行日は向かい風だったのですが、ロッドのパワーで風を切ってルアーを飛ばしてくれるので、コントロール性もとてもよかったです。

潮の流れ、地形変化を確認しながらキャストしていると、沖の瀬のエッジにさしかかったあたりで、小さい前アタリのようなものを手元に感じました。
再度、同じコースを巻いてくると、「ドンッ」と手応えがありました。
さすがにXHのパワーなので、ファイトに不安要素は何もありません。
しかし、魚が自分の目の前に横たわった瞬間、想像以上の大きさに焦りました。

140612_namekata02.jpg

余裕の70アップです!
さすが、桃源郷だけあります(笑)。
この後、青物やシーバスを期待してキャストしてみましたが、不発でした。
まだまだ落ち着かない日々が続きそうです。

■場所:千葉県 サーフ

■タックルデータ
ロッド:LUXXE Saltage CHEETAH-RR 100XH
リール:キャタリナ4000
ライン:PE #2.5
リーダー:フロロカーボン8号
ルアー: バックウォッシュ110S
フック:がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー #5、#6