バイブレーションゲーム

浜田 恭 (中国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 5月某日
■場所 ・・・ 境水道

釣友と境水道にでかけてきました。
境水道は、斐伊川水系の最下流にあたります。
いわゆる河口ということになるのですが、岸は漁港となり、大型漁船が停泊している漁業基地となっています。
大型船も通行することから水深も10m前後あり、バイブレーションで様々なレンジを狙うのが御当地パターンです。

140610_hamada_01.jpg

ボトム周辺のみでヒットが集中しているとの事前情報をもらっていたので、境水道の押しの強い流れの中でも早くボトムに到達させられる鉄板バイブレーションを用意しました。
重量もあり、引き抵抗も強いバイブレーションをしっかりとアクションさせるために、今回はLUXXE Saltage CHEETAH-RR 96Mを使用しました。
このロッドは30g近い重量のルアーを遥か遠くに運ぶパワーがあるのに、ルアーのボトムコンタクトを明確に手元に伝えてくれる繊細さも備えています。
軽量で扱いやすく、様々なフィールドに対応できるので、自然と使う機会の増えていくロッドといえます。

140610_hamada_02.jpg

この日はボトム付近をリフト&フォールで狙い、多くの反応を得ることができました。
私はフッコサイズや良型マゴチに遊んでもらいましたが、横の友人はランカーをキャッチするなど十分に楽しむことができました。

140610_hamada_03.jpg

今回、キャッチしたシーバスは大量のエノハ(ヒイラギの方言)を吐き出したので、ボトム付近でしか反応しない理由が見えた気がしました。
ベイトが日替わりとなる時期だけにそのパターンを探す面白さがありますね。

■場所:境水道

■タックルデータ
ロッド:LUXXE Saltage CHEETAH-RR 96M
リール:セルテート3000
ライン:LUXXE LINES LIGHT SHORE 1.5号+22LBリーダー
ルアー:鉄板系バイブレーション
フック:がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー #4
スナップ:がまかつ 音速ラウンドスナップ L