シャローを攻める

行方 昌人 (関東エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 10月中旬
■場所 ・・・ 千葉県 内房河川、堤防

皆さん、いい釣りしていますか?

私の最近のお気に入りポイントは、水深がほとんど1~2メートルのシャローエリアにあります。
シャローに隣接する隠れ根やブレイクライン、磯のスリットなどにシーバスは回遊し、ベイトの捕食を行っているところが多く見られます。
このようなポイントで大事なのは、ベイトが動き出す時間帯です。
自然条件が多く重なって起こる現象なので、セオリー的なことはなかなか説明がつきませんが、ベイトの動きに変化がある時にシーバスのバイトが集中します。

このような釣りで私が用意したタックルは、以下の通りです。
メインは、LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 94M "CONTACT" MASTERです。
根がきついポイントでは、LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 96MH"SHOOTING"MASTERを使用しています。
フックは、がまかつ トレブルRB Mショートシャンクをセットします。
シーバスのバイトはサーフェイス、サブサーフェイスですので、フッキングの瞬間にエラ洗いということがほとんどです。
そのため、なるべく小さい力で貫通するフックを選びたいのです。
そこで、私はミディアムタイプを選択しています。
しかも、3フック使用のミノ―を多用するので、ショートシャンクがベストマッチなのです。

まずは、河川のナイトゲームです。
対岸側にあるブレイクラインに沿って、ルアーをドリフトしていく釣りです。
この場合は川の流れの中を釣るためのドリフトではなく、ブレイクラインをなめるようにトレースするためのドリフトです。
干潮間際、今まで静かだった水面が急にざわつきはじめました。
ベイトとなるボラのはねも多くなってきました。
「そろそろか・・・」
「ゴンッ」

131120_namekata01.jpg

フッキング直後のエラ洗いはなかなか避けられませんが、完全にフッキングが決まっていたのでノープロブレムです。
なかなかのファイターでした♪
その後、小ぶりなサイズを追加し、時合が終了しました。

ポイントを移動し、次は堤防から隠れ根が点在するシャローエリアです。
足元にはベイトがちらほら確認できました。
注意を払いつつも、根際すれすれにルアーを送り込みます。
上げ潮によって潮位が上がってきたころ、足元にいるベイトの量が一気に増えていました。
「来るか・・・」
「ドン」
と、釣友にヒットしました。
いいなあと話していると、私の手元にもアタリを感じました。
しかし、フッキングできません。
足元にいるベイトサイズが小さかったので、ルアーサイズを小さくしてみることにしました。
するとすぐに、「ドン」とヒットがありました。

131120_namekata02.jpg

狙いどおりの一本です。
考えがはまった釣りは、何度味わっても楽しいですね。

■場所: 千葉県 内房河川、堤防

■タックルデータ
ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 94M "CONTACT" MASTER
    LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 96MH"SHOOTING"MASTER
リール:2500LBD
ライン:LUXXE LINES LIGHT SHORE 0.8号、1号
リーダー:フロロカーボン4号
スナップ:がまかつ 音速ラウンドスナップ
フック:がまかつ トレブルRB Mショートシャンク #6、#4
ルアー:ハイドシャロー、ショアラインシャイナーZ120F、Z97F