軽量ながらパワフルなロッドに大満足

西山 宜之 (中国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 10月6日
■場所 ・・・ 広島県 廿日市市 阿品海岸

紅葉も徐々に深まりつつある10月6日、早朝から鰯についたシーバスを狙いに行って来ました。

1301111_nishiyama_01.jpg

しかし、今年は私が住む廿日市周辺では鰯の接岸が少なく、何度も厳しい状態を繰り返していました。
数か所ランガンを繰り返し、そろそろあそこのポイントがタイミングになるかな?とその場所に向かい、海面を覗くと...とんでもない水柱が立っていました!
ハマチクラスならどうにかなるかと思いましたが、それを上回るサイズだったため、シーバスタックルでは厳しそうと判断し、急いで車に戻ってタックルを持ち替えました。

ロッドは、LUXXE Saltage CHEETAH-RR 96XHです。
ルアーをセットしている間にも水柱が立ち、興奮度マックスで ドキドキしていました。
ジグを数投しても反応がないので、どうしてだろうと考えていると、偏光グラス越しにベイトとなっているコノシロが見えました。
そこで、ジグからダイビングペンシルへ交換し、反応をうかがいます。
反応するかなぁ?と思った2投目のことです!
ペンシルをダイブさせ、スライドさせながら巻き、止めて浮き上がった瞬間です!
海面を割り、ルアーめがけて飛び出して来ました!
一呼吸おいてフッキングを入れると、ロッドが弧を描き、抵抗を見せます。
しかし、周辺には蛸壺のブイなどがあるので、走らせてはラインブレイクの恐れがあります。
ドラグを締め、ロッドのパワーで浮かせて行きます。
何度か抵抗を交わして寄って来たのは、丸々太った鰤でした。

1301111_nishiyama_02.jpg

こんなサイズが家から数分の所で釣れるなんてびっくりです。

1301111_nishiyama_03.jpg

その後も欲が出てもう1本と狙ってみましたが、数回反応が有ったもののフッキングまで至りませんでした...。
ベイトが消え、反応が無いまま時間が過ぎて行き、時間になったので今回の釣行を終了する事にしました。

1301111_nishiyama_04.jpg

1301111_nishiyama_05.jpg

今回キャッチできたのは、LUXXE Saltage CHEETAH-RR 96XHのおかげでしょう。
ロッドのパワーとルアーの操作性のポテンシャルを確かめる事ができ、満足の行く1日になりました。
今後も何度かチャンスがあると思うので更にサイズアップを狙って見たいと思います。

■場所:広島県 廿日市市 阿品海岸

■タックルデータ
ロッド:LUXXE Saltage CHEETAH-RR 96XH
リール:ステラSW5000XG
ライン:ハードコアX8 2号
ルアー:ダイビングペンシル 40g
フック:がまかつ アシスト61 陸ジグ ダブル
    がまかつ トレブルSP エクストラヘビー #2