ヒラマサ狙いのジギング

野口 景太朗 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 9月上旬
■場所 ・・・山口県下関市

小型ながらも、ヒラマサの安定した釣果が聞かれます。
ベイトは小さなイワシやアジのようです。
ジグへの反応を見がてら、青物狙いのジギングに行って来ました。

メインのロッドには、LUXXE Ocean JIGDRIVE S62M-RFをセレクトしました。
最近は、LUXXE Ocean JIGDRIVE S62ML-RFやLUXXE Ocean JIGDRIVE S62M-RFに、意図的に重ためのジグを組み合わせています。
しゃくり過ぎないというのでしょうか、ジグをスローに動かすといった感じのセッティングでのジギングを楽しんでいます。
この少しアンバランスなセッティングが、ヒラマサ狙いのドテラ流しのジギングに一番適しているように感じます。

アシストフックには、がまかつ シングルフック62 バーティカルライトをシンプルな一本出しのアシストで使用しました。
こちらのアシストはこの秋に発売された、完成品のがまかつ アシストフック バーティカルライトがお手軽で大変お勧めです。
ジグはベイトのイワシと小アジを意識して、ショートジグのスラック150gと170g使用しました。

131017_noguchi_01.jpg

当日のヒットパターンは、ボトムから中層へジグをしゃくっていると触れるようなバイトがあり、中層までジグを追いかけてヒットする、といった展開でした。
また、バイトがあっても絶対にジグを止めないのがキモでした。

131017_noguchi_02.jpg

ジグへのわずかなバイトもストレスなく伝わる高感度設計のLUXXE Ocean JIGDRIVEのおかげで、バイトからヒットへの過程を楽しむ事ができました。

その後は、潮の止まる時間が早かった事もあり、昼過ぎにはストップフィッシングとなりました。
秋のジギングシーズンまであと少し、グットサイズの青物の狙える時期が楽しみです。

■場所:山口県下関市

■タックルデータ
ロッド:LUXXE Ocean JIGDRIVE S62M-RF
    LUXXE Ocean JIGDRIVE S62ML-RF
リール:10ソルティガ4500番
ライン:PE3号
リーダー:フロロカーボン12号  
ジグ:スラック150gと170g(マグマイワシ・マグマレッドゴールド・他)
フック:がまかつ シングルフック62 バーティカルライト 4/0、3/0
    がまかつ アシストフック バーティカルライト 4/0、3/0(完成品)