小河川でナイスシーバスを狙え!

西山 宜之 (中国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 9月4~5日
■場所 ・・・ 広島県 廿日市市 小河川

まとまった雨が降り、河川は大増水し、普段通っているフィールドはゴミが多くて釣りにくい状態になっていました。
流れも強く危ないと判断したので、増水の影響が少ない小河川でシーバスを狙ってみました。

1301017_nishiyama_01.jpg

今回は、LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 96MH"SHOOTING"MASTERと、LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 88M"TECHNICAL"MASTERを使用しました。

ポイントに到着して河川の様子を覗くと、予想通りに程よい増水でベイトも確認できました。
いかにも 釣れそうな感じが伝わってきます。
しばらく観察していると、明暗付近にベイトが近づくと慌てて逃げるのが見えました。
先ほどの予感が確信に変わり、早速釣りを開始しました。

先ずは、明暗の境を通るようにキャストします!
橋脚と明暗が重なるエリアへルアーが入った瞬間に、ロッドにドスンっと重みが伝わりました。
フッキングを入れると、元気なシーバスはなかなかの抵抗を見せました。
しかし、ロッドのパワーと、フックをがまかつ トレブルSP ミディアムヘビーに交換しているので、難なくキャッチする事ができました。
ベイトを沢山食べているようで、コンディション抜群のナイスシーバスに感謝です。

1301017_nishiyama_02.jpg

1301017_nishiyama_03.jpg

更にもう1本と同じラインを通すと、再びヒットしました!
しかし、ランディングする際にフックアウトしてしまいました...。
サイズが良かっただけに悔しさを隠せず、一人でぶつぶつ言ってました(悔)

再び狙いましたが、反応がない状態が続きました。
そこで、今度は立ち位置を上流側にして、明暗ではなく、暗へルアーを入れてみる事にしました。
ラインスラッグを出し、ラインを先行させて、ルアーを暗へ入れていくと...ラインを伝わり、ロッドにドスンっと重みが伝わってきました。
すぐにフッキングを入れ、シーバスの頭を自分側に向けて強引に橋脚から離します。

1301017_nishiyama_04.jpg

1301017_nishiyama_05.jpg

無事にランディングできたのは、さらにサイズアップしたシーバスでした。
こうなると欲が出てきてもう1本と思いましたが、突然の土砂降りに襲われ、仕方なく終了する事にしました。

■場所:広島県 廿日市市 小河川

■タックルデータ
ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 96MH"SHOOTING"MASTER
    LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 88M"TECHNICAL"MASTER
フック:がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー