野尻湖で新作ロッドを使い分け

大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 9月21日~22日

■場所 ・・・ 長野県 野尻湖

こんにちは、ラグゼスタッフの大津です。
夏も終盤です。
気温も下がり始め、心地良い季節の到来ですね。
さて、今回は長野県のフィールド野尻湖に行ってきました。
今年はスモールマウスをターゲットにしたロッドが2機種発売されました。
そこでフラットエリアで使用して、型のスモールマウスを狙ってきました。

前日に用意したロッドは、以下の計3本です。
ダウンショット用が、LUXXE ATS05 S61UL-FINE MASTER"SOLID SENSOR"です。
ライトキャロ用1つ目が、LUXXE ATS05 S73UL SM Master "SOLID EMOTION"です。
ライトキャロ用2つ目が、LUXXE ATS05 S71L SM Master "SOLID HUNTER"です。

朝方に到着して車から降りると、厚手の上着がないと寒いような気温でした。
現地の人曰く「今日は暖かい方」とのことでしたが、愛知県と比べると冬を感じてしまう程でした。
服を着込んで、準備を開始しました。
野尻湖で釣りをするのは3年ぶりです。
同時期に野尻湖に行く機会が多いため、釣り方は解っているから釣れるだろうと思っていました。

準備が終わり、出船しました。
まずは通っていた頃、反応が良かったエリアに行き、魚探を見ながらベイトがいる層を把握しました。
しかし、自分が通っていた頃とは全く違いました。
ベイトが全く映りません。
2カ所目、3カ所目と移動しましたが、自分が思い描く画像が出てきません。
ベイトが映っても疎らです。
今年はワカサギが少ないのでしょうか?
例年に比べて、季節の進みが遅いのでしょうか?
何も解らないまま、移動を繰り返しました。

移動した先は、岬近くのフラットエリアでした。
そして、魚探を見ると6~8mにベイトが映り始めました。
そこで、LUXXE ATS05 S73UL SM Master "SOLID EMOTION"を使用して、ライトキャロをキャストしました。
ボトムに着底後、ゆっくりズル引きさせて、ステイを繰り返します。
数投目ボトムに着底後ステイさせるとバイトし、スイープフッキングして、やりとりを開始しました。
久しぶりにスモールの引きを楽しみながら、ボート際まで寄せてきましたが、間際で外れてしまいました。
すぐに原因が分かりました。
バイト後、速アワセをしてしまった事です。
ライトキャロで狙う場合はバイト後、少し待ってからフッキングする事で確実に掛ける事が出来るのです。
その後はバイトがなく、ポイントを移動しました。

移動した先は、地形が張り出しているポイントです。
ブレイクに同リグをキャストしました。
ズル引き途中でバイトがあり、スイープフッキングさせ、やりとりを開始すると、釣る事が出来ました。
その後、連続で釣る事に成功しましたが、バイトが続かない為、移動しました。

131015_ozu_06.jpg

岬絡みのフラットに入ると、ベイトが魚探に映り、期待が膨らみます。
同リグをキャストし、ハードボトムをズル引きさせるとバイトがあり、少し送ってからスイープフッキングします。
やりとり中、明らかに良型と思い、慎重に寄せて釣る事に成功しました。

その後は、レイダウンが沈んでいるポイントを、LUXXE ATS05 S71L SM Master "SOLID HUNTER"を使用してライトキャロをキャストしました。
レイダウンを乗り越えてステイさせると、引っ手繰るバイトがあり、釣る事が出来ました。

時間的にも、後1カ所だけ移動することが出来ました。
フラットエリアに入り、ハードボトムを先程と同じリグで狙います。
ハードボトムにステイさせておくとバイトがあり、連続で釣る事に成功しました。
ここで1日目終了です。

131015_ozu_01.jpg

2日目は、前日反応が良かったポイントに向かいました。
魚探で確認すると、ベイトがいなくなっていました。
とりあえずチェックしましたが、バスからの反応はありません。
ここで気づいたことは、前日より風が弱く、風向きも違うという事です。
新たにベイトが固まっているポイントを探しましたが、思い描く画像と巡り合う事が出来ません。

そこで前日最後に入ったポイントに行き、LUXXE ATS05 S61UL Fine Master "SOLID SENSOR"を使用して、ダウンショットをハードボトムでステイさせるとバイトがありました。
フッキングしますが、掛ける事が出来ません。
今日は何処に行っても厳しいと思い、このエリアで粘る事にしましたが、バイトが遠いのです。
気がつけば昼過ぎになっていました。
完全に見切るタイミングを間違えました。
その後はランガンで狙っていきましたが、気持ちの焦りで釣りのテンポも速くなってしまいました。
こうなると釣れるものも釣れません。

ラストポイントではじっくり釣りをすると決め、LUXXE ATS05 S61UL Fine Master "SOLID SENSOR"を使用して、ダウンショットをキャストしました。

131015_ozu_02.jpg

ブレイク沿いに大量にベイトが映ります。
そのベイトの層より少し深い水深を狙います。
着底後ステイさせておくと、バイトがありフッキングしました。
やりとり中、良型かもと思い、慎重に寄せて釣る事に成功しました。
この日、船中最大のスモールを釣る事に成功しました。
ここで野尻湖釣行も終了となってしまいました。

131015_ozu_03.jpg

131015_ozu_04.jpg

久しぶりのスモールマウスでした。
2日目は苦戦しましたが、楽しく釣りが出来ました。

131015_ozu_05.jpg

今回は、LUXXE ATS05 S73UL SM Master "SOLID EMOTION"と、LUXXE ATS05 S71L SM Master "SOLID HUNTER"をメインに使用しました。
自分なりの使い分けは、LUXXE ATS05 S73UL SM Master "SOLID EMOTION"をフラットエリアでも凹凸が少ないエリアで使用し、LUXXE ATS05 S71L SM Master "SOLID HUNTER"は凹凸が激しいハードボトムエリアやオダが沈んでいる場所で使います。
2機種ともソリッドティップで食い込みが良く、7フィートを感じさせない操作性で、スモールマウスフィールドでは欠かせないロッドです。

■場所:長野県 野尻湖

■タックルデータ
ロッド:LUXXE ATS05 S61UL-FINE MASTER"SOLID SENSOR"
ライン:フロロ 2lb.
ルアー:3インチストレートワーム
フック:がまかつ ワーム326 スモール

ロッド: LUXXE ATS05 S73UL SM Master "SOLID EMOTION"
ライン:フロロ 2lb.
ルアー:高比重ワーム
フック:がまかつ ワーム326 スモール

ロッド:LUXXE ATS05 S71L SM Master "SOLID HUNTER"
ライン:フロロ 2lb.
ルアー:高比重ワーム
フック:がまかつ ワーム326 スモール