JBⅡ東条湖第3戦 4位入賞!

松村 真樹 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 9月15日
■場所 ・・・兵庫県 東条湖

9月15日(日)、私のホームグラウンドであります兵庫県東条湖で開催されました、JBⅡ東条湖第3戦に参加してきました。
今回はその大会の模様をレポートさせていただきます。

【前日プラクティス】
ホームグラウンドとは言いながらも、東条湖で釣りをするのは約1ヶ月ぶりでした。
今回は9月中旬ということもあり、どれほど季節が進んだのかを確認するため、全湖のシャローからディープまであらゆるレンジを探ることにしました。
秋の定番ディープフラットでは魚の反応はなく、シャローの冠水植物やゴミ溜まりなどで魚の反応がありました。
特に上流エリアではキーパーサイズのバスを複数キャッチすることができたので、翌日の本番は上流のシャローを中心に攻めることにしました。

【大会当日】
台風18号の接近に伴い、東条湖周辺も激しい雨と風に見舞われ、大会の中止も考えられるほどでした。
しかし、開始時刻が近づくにつれて天候も若干持ち直し、無事にスタートすることができました。

130924_matsumura03.jpg

スタート後、前日好反応だった上流エリアへは直行せず、まずビッグバス捕獲率NO.1である中流エリアのポイント「導水管」へ立ち寄りました。
弱いながらも排水されており、ビッグバスの出現を期待しましたが、この日はW.I.Sフラットストレート3.75インチのダウンショットで、キーパーぎりぎりのバスを1本キャッチしたのみでした。
昼過ぎまで粘りましたが、子バスとブルーギルの猛攻を受けるだけで、ドラマが起きることはありませんでした。
「導水管」に相当な時間を費やしてしまい、本来攻めようと考えていた上流エリアへ向かったときにはトーナメント終了まで残り2時間となっていました。
そこで、前日反応が良かったポイントを集中して攻めることにしました。
 
「第一インレット」対岸の冠水植物が密集したポイントに、W.I.Sフラットストレート3.75インチのダウンショットをキャストしました。
するとすぐにキーパー25センチぎりぎりのバスをキャッチでき、さらにすぐそばの岩盤でパートナーにもキーパーサイズがヒットしました!
終了時間まで残り30分のところでリミットメイクを達成し、急いで帰着に向かいました。

検量の結果、3本で650gと残念なウエイトでした。

130924_matsumura01.jpg

しかし、この日はグッドサイズをキャッチした選手がいなかったため、相当ローウエイトな大会となりました。
表彰式では何と4位でコールされ、お立ち台に上がることができました!

130924_matsumura02.jpg

130924_matsumura04.jpg

また、最終戦ということで年間総合成績の表彰式も行われ、私も何とか5位に入賞することができました。

今大会で最も活躍してくれたのは、何と言ってもW.I.Sフラットストレート3.75インチです。
ダウンショットリグはもちろんのこと、ネイルシンカーを入れたネコリグなど、あらゆるリグに対応します。
ワーム断面が楕円形になっていることからフックを刺す方向次第では水押しが強く、バスへのアピールは抜群です!
皆さん是非使ってみて下さい!

■場所:兵庫県 東条湖

■タックルデータ
(ダウンショット用)
ロッド:LUXXE ATS05 S62UL-FINE MASTER"AIR MOTION"
リール:2000番スピニングリール
ライン:フロロ3lb.
フック:がまかつ ワーム329 ハンガーSF #6 #8
シンカー:1/16oz
ルアー:がまかつ W.I.S. フラットストレート3.75インチ

(ライトキャロライナリグ用)
ロッド:LUXXE ATS05 S71L SM Master "SOLID HUNTER"
リール:2000番スピニングリール
ライン:フロロ3lb.
フック:がまかつ ワーム321 ファインカスタム #5
シンカー:3.5g
ルアー:3インチワーム