粘り強さとパワーを実感した釣行

西山 宜之 (中国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 6月 ■場所 ・・・ 島根県 松江市

こんにちは! 梅雨明けして猛暑の日が続き、山陰の汽水エリアも急激に水温が上昇し、酸欠によりコノシロやボラの大量死が発生しているようです。 近年、アオコの大量発生も起こっているのですごく心配しています。 なんとか人間の力で改善することはできないのでしょうか・・・。

今回は、梅雨明け前に汽水エリア奥に行ったときの報告です。 山陰汽水湖エリアは境水道、中海、大橋川、宍道湖の4つから構成されています。 夏になると最奥にあたる宍道湖にも多くのシーバスが入りこんでおり、すごく良い型にも高確率で出会うことができます。 ベイトは春から夏にかけてコノシロがメインで、真夏はイナッコやサヨリにつくものも多いみたいです。 今回は、コノシロを意識した大型を狙うので、ロッドはLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 96MH“SHOOTING”MASTERを用意しました。 使用するルアーは、ブリブリと水を押してくれるウォブリングからウォブンロールアクションのシャローミノーが中心です。 コノシロを意識したランカーシーバスは特に浮き上がるようなタテの動きによく反応するので、シンキングペンシルもあると1匹追加ですね(笑)。

130717_hamada01.jpg

基本的に浅いレンジを回遊するベイトなので、トップのみで攻める硬派な釣りもありですね。 私は辛いのでやりませんが(^_^;)。 この日は、満潮から下げ潮のタイミングでポイントに入り、タイドミノーSLD140でグッドコンディションのランカーをキャッチすることができました。。

130717_hamada02.jpg

LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 96MH“SHOOTING”MASTERを使っていたので、無駄に暴れさせることなくスムースにランディングすることができました。 この時期のシーバスは弱りが早いので急いで撮影し、やさしくリリースしてあげました。 あらためて、ラグゼロッドの粘り強さとパワーを実感した釣行でした。

130717_hamada03.jpg

■場所: 島根県 松江市

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 96MH“SHOOTING”MASTER リール:セルテート3000 ライン:LUXXE LINES LIGHT SHORE 1.2号+25lb.リーダー ルアー:タイドミノーSLD フック:がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー #4 スナップ:がまかつ 音速ラウンドスナップ M