爆風の春磯

岸本 泰史 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 4月下旬 ■場所 ・・・ 丹後半島 地磯

丹後の長い冬が終わり、ようやく待ち焦がれた春磯シーズン突入です。 待ちに待った良いシーズンではあるのですが・・・ 今期は少し気候変化がめまぐるしい。 夏のような気温になったり、いきなりの寒の戻り。 まったく気候がわかりません。 そんな中でも海中ではしっかりと春を迎えております。

今回釣行したのは、そんな気まぐれな天気の休日。 休日とあり、気持ちよい釣りが理想ではあるのですが・・・ こんな日に限って、爆風です。

しかし! 風になんか負けず、お目当ての磯を目指し崖を下ると、一面分厚いサラシと高波。 おまけに雨と爆風…快適な釣りにならないことは確かでした(苦笑)

早速、爆風対策+春のショートバイト対策にて、LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M“VERSATILE LV”とルアー軍団にがまかつ トレブルRB ミディアムを装着。 爆風の緩む瞬間を狙い、サラシ下にひろがるシモリ周りを効率よく探ります。 いればすぐに来るはずなのですが、数投・・・

サラシ切れ目に黒い魚影を確認!

おっ!いるね♪

さらに同じレースラインへ打ち込みます。 LUXXE LINES LIGHT SHOREは軽くしなやかな割に比重のバランスがよく、すぐに水面へとなじみ、理想のコースへのトレースが可能になり、爆風時のストレスは激減です!

その後、チェイスもないことから、場所をずらしながら探ること数投。 シモリとの間の水道にて待望の軽いバイト! LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M“VERSATILE LV”のしなやかなティップにてスウィープに合わせ、後は高波のタイミングをみてランディング。 何ともあっけない結末となりましたが、フックも三本ともしっかりフッキングと安心のやりとりでした。

130428_kisimoto01.jpg

130428_kisimoto02.jpg

悪条件の中、春らしい磯マルと出会えました~♪ 全身、雨と高波にてずぶ濡れでしたが(笑) こんな日にはウェット着用ですな!

130428_kisimoto03.jpg

■場所: 丹後半島 地磯

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M“VERSATILE LV” リール:3000番 ライン:LUXXE LINES LIGHT SHORE 1号 リーダー:20lb. ルアー:ハウンド フック:がまかつ トレブルRB ミディアム