新しい釣人の誕生

SHINGO (関東エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 1月22日 ■場所 ・・・ 東京都 豊島園フィッシングエリア

こんにちは、SHINGOです。 関東では、珍しく雪の多い1月のような気がしますね。 そんな合間を縫って1月22日に初釣りのパート2であり、新年会を兼ねた釣りに行ってきました。 場所は、都内にある豊島園遊園地の中にある豊島園フィッシングエリア。 昨年末の釣り納めでもお世話になっている場所です。 ここは交通の便がよく、スタッフの皆様も面白いので冬のシーズンには何度か遊びに行っています。

この日は、アマトレ部という釣りの好きな岳人達の部活に参加。 一応、私が釣り部の顧問を務めています。 部員はプロの登山家で14サミッターの竹内氏を始め、個性派揃いが4名程います。 「あちこちの山登りで釣りもしてみよう」 そんなスタートをした部でチベット、ヒマヤラ標高5000m前後での高度フィッシングが当初の目標でもあります。 でも、私の人生に登山はありません。 仕事でもなければ近づきたくもありません(笑)。 なので、高所で釣れるであろう魚類を釣るための基礎知識を教える係でありたいです。 でも最近、怖い物見たさで釣りをしてみたいと思ってしまうのは、釣りキチだからでしょうか(苦笑)。

世界で登山のできるところは、トラウトの放流をされているところが多いです。 なので、トラウトをスプーンで釣るのが基本であろうと考えての講習会でもあります。 私はLUXXE STORIA TOURNAMENT SPEC 62UL-REGULARを片手に講習をしました。

釣り場は遊園地のプールです。

130129_02_shingo4.jpg

130129_02_shingo3.jpg

部員の方々をプールサイドに横並びに並んで頂き、レクチャー開始です。 トラウトの習性や釣り方、ロッド、リールの使い方。 ルアーの説明と 使い方等々を講習してから実戦の開始です。 皆様、悪戦苦闘していますが、表情が生き生きしています。 ポロッと釣れては歓喜の声がプール中をこだまします。

後半は、私の道具を使ってもらったりしました。 キャストもバイトもランディングも楽になるし、釣っている気がしてくるようです。 いかにロッドが大事か理解してもらいました。 私も合間に釣って楽しみました。

130129_02_shingo1.jpg

部員の方々も能書きよりも釣って見せるのが早いようで、 私の釣る姿がまるで手品のように見えたそうです(笑)

その後の新年会も、反省と道具の話で盛り上がりました。 と言う事は、新しい釣人の誕生でもありますね。

130129_02_shingo2.jpg

■場所: 東京都 豊島園フィッシングエリア

■タックルデータ

ロッド:LUXXE STORIA TOURNAMENT SPEC 62UL-REGULAR リール:2000番台 ZPI ダブルハンドル ライン:スーパーフィネス 2lb. リグ:スプーン ルアー:心、ノアの1g~1.4g 抹茶、カラシ、黒