黒潮の恩恵

行方 昌人 (関東エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 12月下旬 ■場所 ・・・ 千葉県 外房

12月中旬、海況予報を見ながら心躍りました。 『黒潮大接近』 水温が低下していくこの季節に安定した水温をもたらし、高確率でベイトの接岸を導きます。 こんなタイミングにはよく何かが起こるのですが、生憎年末行事が多い中で、釣りに行く都合が立てられません。 そんな思いを釣友に預けたら、連絡が飛び込んできました。

「堤防から・・・サーフから・・・、ヒラマサが釣れました」

行くしかないでしょう(笑) 数日後、何とか都合をつけて外房エリアへ。 前日まで残っていた時化が和らぐ予報。 潮通しの良い岬先端部をポイントとして選択。 前より水温が若干下がったため、今まで好調だった比較的浅い場所は思い切ってはずしてみました。

タックルは LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 110MH“BILLOW”MASTER にPE2号、ショックリーダー8号をセット。 ショアからのヒラマサ狙いとなればもっとパワークラスを上げるべきだと思いますが、釣行当日はよいサラシも広がっておりシーバスも狙えそうだったので、通常のシーバスルアーが使えるバランスでタックルセレクトしました。

まず、ポイントに広がるサラシの中をミノーでしばらく狙ってみますが、反応なし。 そこで、メタルジグに『がまかつ アシスト61 陸ジグ ダブル』をフロントアイに装着して、ショアジギング開始。

130114_namekata_01.jpg

フルキャストした後、ボトム付近まで沈めてから様々なピッチのジャークを試します。 今回、 LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 110MH“BILLOW”MASTER を使って初めてショアジギングをしましたが、すごく楽にできます。 房総半島の磯からのシーバス狙いに適したロッドですが、磯からの青物含め、ロッド1本でこなすことが多い状況には特におススメですね。

潮の効きが良いところを探しては、ジャークを繰り返していると、いきなりガツンとバイト♪ しっかりとフッキングした後は強引気味に寄せて一気に御用。

130114_namekata_02.jpg

狙っていたサイズより小さい50センチクラス。 さすがに LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 110MH“BILLOW”MASTER もちょっと曲がり足りない様子でした。 ならば、サイズアップと行きましょう♪

すると早速、再開間もなく連続バイト! しかも、サイズも間違いなくアップしている感じが手元に伝わってきます。 ロッドもバットまで曲がり、満月♪ それでも、ロッドのみなぎるパワーでヒラマサの強い引きにも負けずにぐいぐい寄せられます。 しかし、最後の最後に足元の根にラインが引っかかってしまいラインブレイク。 ランディングポイントをもっと考慮しておくべきでした。

反省点は残りましたが、房総では貴重なタイミングに竿を出せたのはうれしいですね。 今回は LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 110MH“BILLOW”MASTER を思いっきり曲げることができたので、良しとしました。

■場所:千葉県 外房

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 110MH“BILLOW”MASTER リール:4000XG ライン:PE 2号 リーダー:フロロカーボン 8号 ルアー:メタルジグ 45g フック:がまかつ アシスト61 陸ジグ ダブル #2, #1