気づいていませんね、フックの違いを。

行方 昌人 (関東エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 12月初旬 ■場所 ・・・ 千葉県 内房

最近、一気に冷え込みを増しましたね。 しかし、海水温はまだまだ青物がお祭り騒ぎを上げるほど結構高め。 そんな中、季節的には加速するはずのシーバスの様子はどうかと内房方面をウロウロ。 タイミングさえ合えばかなり好釣な様子です。

夕マズメ、ベイトが溜まっている漁港でスタート。 投げていたルアーにフッと何か違和感。 釣友にそのことを伝えると、すぐに釣友のロッドが絞り込まれましたが、エラ洗いでバラシ。 シーバスが回ってきたようです。 これを見て俄然私もスイッチが入り、アタリに集中。 すぐにコンッとバイト。

121206_namekata_01.jpg

まずは小ぶりな1匹目。 マズメは短いのですぐに釣り再開。 すぐにコンッ。

121206_namekata_02.jpg

二匹目は良型70アップ。 これはまだ続くか・・・終了(泣)

潮止まりもあって一時休憩を取った後、再スタート。 しばらくすると、潮が効き始め、アタリが出始めました。 しかし、釣友達はシーバスをかけるもののバラシ連発。 ショートバイトが多いみたいです。 そんな中、私は涼しい顔で、ノリノリです♪

ぽつぽつあるヒットを確実にキャッチ

121206_namekata_03.jpg

こんなコンディションのいい魚をばらしてしまうなんてもったいなさすぎる!! 釣友達は気づいていませんでしたが、何が違うかは明白。 フックです。 私だけ がまかつ トレブルRB ミディアムを使用していました。 貫通力、ホールド力の高いフック、間違いなくバラシ激減です。 軸が細く、折れそうなイメージがありますが、実際はバラシにつながる折れはほとんどありません。 フトコロまで入ったフックはそう簡単には折れないのです。 加えて、LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 94M “CONTACT” MASTER とレバーブレーキリールのセットで無理をかけないスムースなランディングがあれば、私の中ではランディング中のフックの折れの心配はありません。

アングラーを見渡すと、ルアー、ロッド、リール、ライン等はこだわっているのにフックは1種類・・・。 とても多いと思います。

『フックの選択で釣果が変わる』

エサ釣りの世界ではかなりの一般常識。 ルアーの世界でも引けを取らないぐらい重要だと私は考えています。

121206_namekata_04.jpg

■場所: 葉県 内房

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 94M “CONTACT” MASTER リール:2500LBD ライン:LUXXE LINES LIGHT SHORE 0.8号 リーダー:フロロカーボン 4号 ルアー:IP-26、ヘビーワン フック:がまかつ トレブルRB ミディアム #7, #6