秋のシャロ―ゲーム

行方 昌人 (関東エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 10月下旬 ■場所 ・・・ 東京湾 干潟、河川

10月に入ってから、台風、低気圧で外洋は荒れ放題… こんな時には東京湾!

陽気も秋らしくなり、水質もかなり良くなってきました。 こうなれば、シャロ―に元気なシーバスがつくだろうという予測のもとに、干潟や干潟に流れ込む河川へ釣行してみました。

まずは、干潟のデイゲーム。 潮位があまり下がらない時間帯だったので、深いエリアまでは行けません。 そこで、水深がなくてもポイントになるところをサーチしてみることに。 目を付けたのは、ウィード。 干潟に点々と存在するウィードのポケットやシェードに潜んでいるシーバスを狙ってみました。

121119_namekata_01.jpg

タックルはLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 94M “CONTACT” MASTER。 ウィードがルアーへ絡みつくのを一気にはじく作業がしやすく、レンジ操作のためのロッドコントロールがとてもしやすい一本です。

トップウォーター、サブサーフェイスとチェックしてみましたが、反応なし。 そこで、ウィードの中を強引気味にグリグリとバイブレーションを通してみると、ガッとリトリーブしているハンドルがとまるようなバイト。

121119_namekata_02.jpg

コンディションはまだまだこれからという感じでしたが、デイゲームでの接近戦は楽しい。 この後も、同じパターンで何度かバイトを拾うことができました。

次に干潟に流れ込む河川でナイトゲーム。 満潮時からさんざんキャストを繰り返しますが、バイトなし(汗)。

時間的には干潮間際。 今まではベイトが流れてきそうなポイントを狙っていましたが、たまっていたベイトが動きそうなポイントに切り替えてみることに。 シャロ―なワンドがある近くのブレイクラインをチェック。 潮位が低くなり、ワンド内にたまっていたベイトが深場へ移動するだろうとの予測で、そんなベイトを待ち構えているかもしれないシーバスを狙ってみました。 シャロ―側にミノーをキャスト。 そしてスローにブレイクラインをトレースすると、コンッとバイト。 フッキングできるほどのバイトではなかったので、もう一度同じようにアプローチしなおしてみると・・・

121119_namekata_03.jpg

サイズは小さいものの、ようやく引きずり出しました。 この後、2投連続で同サイズがヒット!!

121119_namekata_04.jpg

今までの静けさがうそのよう。 あきらめないでよかったです。

■場所: 東京湾 干潟、河川

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 94M “CONTACT” MASTER リール:2500LBD ライン:0.8号 リーダー:フロロカーボン 4号 ルアー:シャロ―ウォッシュ 110F、ヘビーワン、マービー 80、シリテン 53など フック:がまかつ トレブルRB ミディアム #10、#8、#7、#6