銀ピカと出会いの秋

岸本 泰史 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 10月中旬 ■場所 ・・・ 京都府 丹後地磯

すっかり秋真っ盛りの丹後地方。 天気もめまぐるしく変化して、肌寒い日や、ポカポカ陽気な日と気難しい感じです。 海の中も徐々にではありますが水温も低下していっております。

そして海上でも、大荒れの日があれば、翌日にはベタ凪と! 釣行パターンも崩れ気味であります。 そんなタイミングを外さないように天気に敏感に反応しての釣行です。

今回も狙いは「磯」。 特にシーズン序盤には、大型はでないものの数も釣れる「ヒラスズキ」が狙い目♪ 釣行日には一面がサラシてる絶好のタイミングです。 いつも磯への釣行には、波・風具合をみてロッドをチョイスしています。

主に使用するのは「LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M“VERSATILE LV”」と「LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 110MH“BILLOW”MASTER」を使い分けております。 根が荒く、波も高い=強引なパワーファイトを要する場合には「LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 110MH“BILLOW”MASTER」。

割とフラットな磯や、極端に食い渋ってショートバイトが多発した場合には「LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 110MH“BILLOW”MASTER」。 この二本をメインに磯釣行。

そんな今回の釣行では、波高し!沈み根点在と「LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 110MH “BILLOW”MASTER」をチョイス。 早速、モーニングバイトを期待しての一投・・・。

コツコツ!とサラシ下のショートバイトを感知! その後も、モゾモゾと嫌な展開に突入。 早くヒットに持ち込みたい気分で、餌的ワームを選択。 それが本日のベイトパターンにはまったのか?

121018_kisimoto01.jpg

バイト多発モードに突入♪

この時点で、本日のロッド選択は「LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M“VERSATILELV”」でした。 「LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 110MH“BILLOW”MASTER」よりも繊細なティップでショートバイトを確実に捕らえられます。

車に戻る余裕も無く、うまく送り込む作戦に変更後、上手くシンキングペンシルを流れに乗せ口元へ。 その後、見事に食わせに成功♪

121018_kisimoto02.jpg

小型ですが時間ギリギリにヒラスズキを連続ヒットとなりました!

ロッド選択が大きく左右する釣行となりました。

※移動が多い磯場にて、ロッド2本を上手くホールドしながら、移動・キャストができないか?と最近模索中。 何か良いアイテムないかな~

■場所: 京都府 丹後地磯

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M“VERSATILE LV”     LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 110MH“BILLOW”MASTER リール:セルテート ライン:LUXXE LINES LIGHT SHORE 1号、1.2号 ルアー:レンジスイマーボトム+R32、ハニートラップ、サスケ裂破など