秋へ深まりの季節変わり釣行

岸本 泰史 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 10月初旬 ■場所 ・・・ 京都府 丹後地磯

ようやく猛暑から開放され、朝・夕と涼しく心地よい季節になってきました。 当地でのシーバスシーズンも下半期に突入の兆し!

この時期からシーバスなどのフィシュイーターもベイトの入れ替わりと、中々気難しい季節でもあります。

そんな中、磯からのTOPゲームが熱い! シーバスの他、青物の接岸も予想しての釣行となりました。

夜明けが随分遅くなったことで、薄暗い内に磯へと到着し、早速準備♪

磯での相棒はやはり「LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 110MH“BILLOW”MASTER」不意の青物のバイトも得意のリフトパワーにて寄せる事ができるので磯では、これ一本あれば安心です。

さて、今回の釣行ですが、あいにくのベタ凪… サラシがあれば、こちらでは小型のヒラスズキが、元気よく飛び出してくれるのですが。 そんな事を考えながら、まずはミノー系から磯際に夜の内に着いた固体に期待して探りました。 数投しても反応はありません。 そうこうしている間に空は白みだし、待ちに待った朝マズメの到来♪ 早速、ポッキーへとルアーチェンジ! フックはもちろん「がまかつ トレブルRB ミディアムヘビー #4」を装着。 このフックにより、ヒットしても強引なやり取りでも安心です。

先ほどまでミノーで食わなかったので、少し不安が残る中でのTOPゲーム突入ですが、その思いは数投げで消えました。 ベタ凪の水面炸裂です!

この瞬間はいつ見ても最高! 水面でエラ荒いを炸裂させ抵抗を繰り返すシーバス。 そんな抵抗も「LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 110MH“BILLOW”MASTER」のパワーファイトにて即効で寄せ磯際へ。

121011_kisimoto02.jpg

121011_kisimoto03.jpg

幸先よくグッドコンディションの磯マルを捕獲です。

フックもこんなハーモニカ喰いでも変形すらしておりません!

121011_kisimoto01.jpg

121011_kisimoto04.jpg

その後も着水直後の水面炸裂と面白い展開に突入。 先ほどと同様に、磯際への誘導時にシーバスも最後に抵抗で大暴れ。 不意をつかれ、スリットへ走られ根際にて“ズリズリ”と嫌な感触。。。 それでも強引に浮かせに成功「LUXXE LINES LIGHT SHORE」の強さを実感♪

121011_kisimoto07.jpg

121011_kisimoto05.jpg

121011_kisimoto06.jpg

無事ランディングとなりました。

あ~、ライン結び変えだなと思いきや! 結構なゴリゴリ感であったが、ほぼ無傷と頼もしい限りです。

その後、安心してキャストを再開するも、暴れさせすぎたベタ凪、散ってしまいました (泣)

こんな初秋の釣行でした~ 今後の秋の深まりに期待♪

■場所: 京都府 丹後地磯

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 110MH“BILLOW”MASTER リール:セルテートHD ライン:LUXXE LINES LIGHT SHORE 1.2号 リーダー:25lb. ルアー:サスケ剛力、ポッキーなど フック:がまかつ トレブルRB ミディアムヘビー #4      がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー #3