GWを活用して琵琶湖へ

小木 乗彦 (関東エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 4月28日、29日 ■場所 ・・・ 滋賀県 琵琶湖

こんにちは、ラグゼスタッフの小木です。 今年のGW、皆さんいかがお過ごしでしたか? 自分はこの連休を活用して琵琶湖に3日間行ってきました。

琵琶湖釣行のためにロッドは 巻物用にLUXXE ATS05 B68ML-CRANK MASTER“SHALLOW” テキサス用にLUXXE ATS05 B68M-MULTI“MISSION MEDIUM” アラバマ用にLUXXE ATS05 B70H MULTI MISSION“HEAVY” ヘビーダウンショット用にLUXXE ATS05 B610MH-MULTI MISSION“MEDIUM HEAVY” シャッド用にLUXXE ATS05 S70L-SM MASTER“SPLIT” ジグヘッド用にLUXXE ATS05 S64L FINE MASTER“ACTIVE SHAKE” ネコリグ用にLUXXE ATS05 S66L FINE MASTER“SLACK MOTION” 計7本用意しました。

1日目 この日は琵琶湖(南湖)を一周して状況を把握。 まずは地形が沖に張り出している岬周りをLUXXE ATS05 S66L FINE MASTER“SLACK MOTION”を使用し、ネコリグやジグヘッドワッキーで探りましたが反応がありません。

類似した場所を回り、同リグで狙い続けましたが結果は同じでした。 例年と比べるとウィードが圧倒的に少なく、やはり季節が遅れているのかな?と思い作戦変更です。

ここで従来の自分のスタイルに戻し、シャローをチェックする事に。 LUXXE ATS05 B68ML-CRANK MASTER“SHALLOW”を使用してシャロークランクで流していきます。 するとリーズ周りでいきなりバイトがありましたが、自分のミスでキャッチする事が出来ませんでした。。。 今度はリーズが生えているポイントを集中的に回りシャロークランクでチェックします。

リーズが薄いエリアの中にシャロークランクをキャスト! リーズに当てながら巻いてくるとグーンと重たくなりスイープフッキング!! そのままリーズから素早く沖に誘導し、見事釣り上げる事が出来ました。

120507_ogi_01.jpg

一通り流した後は、線の釣りから点の釣りに切り替えてみました。 LUXXE ATS05 B68M-MULTI“MISSION MEDIUM”を使用してテキサスをリーズにキャスト。

もっとも自分が得意とする釣りです。 ポイントについて2キャスト目でいきなりヒット!

その後もバイトが続き数十匹のバスを釣る事に成功♪ 霞ヶ浦に似ている水質で水深があり理想的なリーズでした。 初日はシャローを完全に攻略し、終了しました。

2日目 この日は知り合いの方と同船し、マリーナの大会に参加してきました。 朝一はやはり昨日の出来事が忘れられないため、リーズから開始。 昨日と違ったリーズエリアに行きLUXXE ATS05 B68ML-CRANK MASTER“SHALLOW”を使用してシャロークランクで流していきます。 すると昨日と同じバイト! 魚体が見えた瞬間結構大きいなと思い寄せてくるとボート際でまさかのミス。。 気持ちを切り替えて狙うと小さいサイズがヒット!

120507_ogi_02.jpg

その後は反応がないのでLUXXE ATS05 B68M-MULTI“MISSION MEDIUM”使用してテキサスをキャスト。 すると押さえ込むバイトがあり、良型のバスを釣る事に成功しました♪ その後はマット下で小さいサイズを釣りリミットメイク。 そこから狙いをブレイクに変えLUXXE ATS05 B610MH-MULTI MISSION“MEDIUM HEAVY”を使用してブレイクを流していきますが、自分が思い描くバスとは中々出会う事ができませんでした。

昼過ぎに再度昨日のリーズに行き、テキサスをキャスト。 この日は気温がどんどん上がりまさに夏の陽気でした。。 そのためシェード部分を狙いテキサスをひたすらキャスト! ただ、この日は前日と水質が違い、明らかに白濁りしていました。。 田んぼの水の影響かな?反応の薄い中、諦めずにキャストするとまたまた抑え込むバイト! フッキングした瞬間にデカイ!と思い慎重にやりとりして無事に釣ることが出来ました♪

ここで帰着まで1時間を切ったため最後の移動を敢行しました。 ラストはナチュラルブレイクの水深3m前後にLUXXE ATS05 S66L FINE MASTER“SLACK MOTION”を使用してネコリグをキャスト! ルアーが着底後ラインスラッグをとります。 するといきなりグーと重たい感触!! すかさずフッキングし、ここにきてこの日最大のバスを釣る事に成功♪ ここで帰着時間になりストップフィッシング! 結果は6位。。 入賞まであと一つで悔しかったですね・・・

3日目 この日が琵琶湖釣行最終日。 この日は岬の先端付近をクランクの早巻きで狙いました。 するとウィードに当たった瞬間にバイトが! サイズは小さいですが幸先良い1匹です♪ 2匹目のドジョウならぬビッグワンを狙い、ルアーを通す角度を変えながら狙うものの反応がありません。 類似した場所を何カ所か回りましたが、結局バスの反応はありませんでした。

そして最終日もリーズに行き衝撃的な光景が! 1日目⇒適度な濁り、2日目⇒白濁り、3日目⇒まさかのクリアー(笑) こんなに水質が変わるのは初めての経験です。 尚且つクリアーになったリーズを撃つのも初めて。。

まずはリーズとの距離をとり、ピッチングで狙います。 水深が浅い所は恐らくバスがついていない可能性大ですが、一番沖にあるリーズは水深があるので確実にいるはずです! なおかつ、曇りでフィーディングに上がってくるバスも期待できます。 はやる気持ちを抑え、LUXXE ATS05 B68M-MULTI“MISSION MEDIUM”を使用してヘビダンとテキサスをキャストします。 最初の内は反応がありませんでしたが徐々にバイトが増え、見事釣る事に成功しました。

120507_ogi_04.jpg

このポイントでの釣果はほとんど両型のバスでした♪

少しリラックスし、再度自分が思っているバスを釣りに行きます。 これからスポーニングする場所に行きシャローをチェック。 するとフラフラ泳いでいる良型バスを発見し、観察しているとある箇所で一端止まる事を発見! LUXXE ATS05 S64L FINE MASTER“ACTIVE SHAKE”を使用してジグヘッドのスイミングで狙うと… いきなりバイト!! 思いのほか引きが弱いと思ったらなんと隣にいた違うバスでした。。。 その後良型のバスはいなくなってしまいました。 その後は付近のブレイクを同リグで狙い、レギュラーサイズが釣れたところで納竿です。。

120507_ogi_05.jpg

そして3日間自分が思い描くバスと出会う事が出来ないまま終了しました。。 また来年チャレンジします! 次回からは自分のメインフィールド霞ヶ浦をレポートします。

120507_ogi_03.jpg

■場所:滋賀県 琵琶湖

■タックルデータ ロッド:LUXXE ATS05 S64L FINE MASTER“ACTIVE SHAKE” リール:ダイワ ライン:フロロ 4lb. ルアー:1/16ozジグヘッド+Gテールサターン

ロッド:LUXXE ATS05 S66L FINE MASTER“SLACK MOTION” リール:ダイワ ライン:フロロ 4lb. ルアー:レインズスワンプジュニア フック:がまかつ ワーム318 ワッキー

ロッド:LUXXE ATS05 B68ML-CRANK MASTER“SHALLOW” リール:ダイワ ライン:ナイロン 12lb. ルアー:SQUAREBILL

ロッド:LUXXE ATS05 B68M-MULTI“MISSION MEDIUM” リール:ダイワ ライン:ナイロン 8lb. ルアー:リトルレインズホッグ フック:がまかつ ワーム316

ロッド:LUXXE ATS05 B610MH-MULTI MISSION“MEDIUM HEAVY” リール:ダイワ ライン:ナイロン 10lb. ルアー:Gテールサターン フック:がまかつ ワーム316