初めまして、松村真樹です。

松村 真樹 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 4月14日,15日 ■場所 ・・・ 山梨県 河口湖

みなさん、こんにちは! 今シーズンからラグゼスタッフとなりました松村 真樹(まつむら まさき)です。 JBマスターズシリーズ、JBⅡ東条湖シリーズなどトーナメントに参戦しています。 私のホームグランドは兵庫県 東条湖です。 これからがまかつ製品の素晴らしさをみなさんにお伝えしていきたいと思っています。 よろしくお願いします!

今回は、4月14日(土),15日(日)の2日間、山梨県 河口湖で開催されましたJBマスターズの模様を報告させていただきます。

120419_matsumura_05.JPG

【前日プラクティス】 前日のプラクティスでは2つのパターンを考えていました。 1つは4月5日に湖の5箇所で放流された放流バス狙い。 もう一つは数は少ないものの、出れば楽々1kgは超えるネイティブバス狙いです。

プラクティス開始後、まず放流場所を確認しましたが、放流があった週末にトーナメントが行われたことから、放流バスの数はかなり少なくなっていました。 しかし溶岩の隙間、コンタクトしている岩を丁寧にショートリーダーのダウンショットで攻めると魚からの反応があったので、このパターンは正解だと思いました。

120419_matsumura_03.JPG

次にネイティブバスのパターンを試しに鵜の島エリアへ向かいました。 この日は天候にも恵まれ、気温もぐんぐん上昇。 シャローエリアをシャッドで流すと1800gのグッドサイズをキャッチすることに成功。 また他の選手がビッグバスをキャッチするところも目撃したため、このパターンも有りだと確信しプラクティスを終了しました。

【大会初日】 大会初日、穏やかだった前日の天気から激変!雨と急激な気温低下で嫌な予感がしました。 スタート直後ネイティブバスパターンを試すため、前日グッドサイズをキャッチすることができた鵜の島エリアへ向かい、11時頃までシャッドを投げ続けましたがこの日は全く無反応。 さらに、もう一つのパターン放流バス狙いにシフトしましたが、すでに他の選手に釣られたあと・・・。 大会初日はまさかのノーフィッシュで終了しました。

【大会二日目】 大会二日目、前日の反省から確実に魚をキャッチしたいと思い、まず放流バスを狙いに向かいました。 放流場所を次々とランガンし、早い時間に2本の放流バスをキャッチすることに成功! この後、やはり捨てきれないネイティブバスパターンを試しましたがバスをキャッチすることなく2本、1898gでウエイン、2日目の成績は24位でした。

120419_matsumura_01.JPG

最終成績は初日ノーフィッシュだったため56位、本当に悔しい結果となりました。 次戦は相性の良い三重県 三瀬谷ダムです。 良い成績を出せるよう頑張りたいと思います。

今回ダウンショットで使用したロッドはLUXXE ATS05 S62UL-FINE MASTER“AIR MOTION”です。

120419_matsumura_04.JPG

操作性に優れ、繊細なルアーコントロールにも敏感に反応してくれます。 また、UL表記にもかかわらずしっかりとしたバットパワーで、1㎏近い放流バスにも主導権を与えることなく、難なくキャッチすることができました! トーナメントにはなくてはならないロッドです!

120419_matsumura_02.JPG

■場所:山梨県 河口湖

■タックルデータ ロッド:LUXXE ATS05 S62UL-FINE MASTER“AIR MOTION” フック:がまかつ ワーム329 ハンガーSF #8