欠かせないアイテム

小木 乗彦 (関東エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 4月15日 ■場所 ・・・ 滋賀県 琵琶湖

こんにちは。ラグゼスタッフの小木です。 いつもは霞ヶ浦から釣行をお伝えしていますが、今回は日本一大きな琵琶湖で、霞ヶ浦とは違ったウィードの釣りを展開してきました。

この日は、巻物用にLUXXE ATS05 B68ML-CRANK MASTER“SHALLOW” ライトテキサス用にLUXXE ATS05 B68M-MULTI“MISSION MEDIUM” アラバマ用にLUXXE ATS05 B70H MULTI MISSION“HEAVY” シャッド用にLUXXE ATS05 S70L-SM MASTER“SPLIT” ジグヘッド用にLUXXE ATS05 S64L FINE MASTER“ACTIVE SHAKE” ジグヘッドワッキー用にLUXXE ATS05 S66L FINE MASTER“SLACK MOTION”を用意しました。

この時期は、産卵を控えていますので、ディープからスポーニングエリア(シャロー)に移動するバスを狙いました。 狙った場所はミオ筋や沖に張り出した岬。 LUXXE ATS05 S66L FINE MASTER“SLACK MOTION”を使用してジグヘッドワッキーをウィードに引っかけステイ。 バイトがなければ次のウィードに引っかけてステイの繰り返し。 このアクションで魚は釣れましたが、自分が思っているバスに出会う事が出来ないまま時間だけが過ぎていきました。 やはり狙う場所は皆さん同じで船団が出来ています。 プレッシャーが高く口を使ってくれないのか?はたまた前日に降った冷たい雨でバスの活性が低いのか?と、悩んだ挙句、ディープとミドルレンジを捨てシャローエリアに移動。 この日は気温も高く水温も上昇。

そこで葦周りをLUXXE ATS05 B68ML-CRANK MASTER“SHALLOW”にてシャロークランクで狙いました。 狙い方は葦が疎らに生えている奥側にキャストし、パラ葦にシャロークランクを当てながら巻いてくる。 すると葦に当たった瞬間にひったくるバイトがあり、良型のバスを釣る事に成功。

120417_ogi2_01.jpg

この釣り方で流していくと、突然ロッドから伝わるクランクの振動が消えた! スイープフッキングした瞬間今までにないバスの引きがありましたが、自分のミスで釣る事が出来ませんでした。 同船者もこの釣り方で2本の良型を釣る事に成功しました。

120417_ogi2_02.jpg

やはり巻物にはLUXXE ATS05 B68ML-CRANK MASTER“SHALLOW”は欠かせないアイテムです。 巻物でバスを掛ける能力に優れ、弾くことがありませんね。 シャローからミドルレンジをカバー出来るルアーとの相性は抜群です。

■場所:滋賀県 琵琶湖

■タックルデータ ロッド:LUXXE ATS05 S66L FINE MASTER“SLACK MOTION” リール:ダイワ ライン:フロロ 4lb. ルアー:1/16ozレインズスワンプジュニア

ロッド:LUXXE ATS05 B68ML-CRANK MASTER“SHALLOW” リール:ダイワ ライン:ナイロン 12lb. ルアー:SQUAREBILL