どうしても春バスが釣りたい

小木 乗彦 (関東エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 3月4日 ■場所 ・・・ 茨城県 霞ヶ浦

皆さんこんにちは。ラグゼスタッフの小木です。

毎週、霞ヶ浦で釣りをしていますが、日ごろの行いが悪いのか、天候に恵まれませんね。 今週末も冬の気温に逆戻り。最高気温6度の予報。

前日に用意したロッドは、先週とほぼ同じ。 巻物用にLUXXE ATS05 B68ML-CRANK MASTER“SHALLOW” ライトテキサス用にLUXXE ATS05 B68M-MULTI“MISSION MEDIUM” テキサス用にLUXXE ATS05 B70H MULTI MISSION“HEAVY” ヘビーダウンショット用にLUXXE ATS05 B610MH-MULTI MISSION“MEDIUM HEAVY” シャッド用にLUXXE ATS05 S70L-SM MASTER“SPLIT” ダウンショット用にLUXXE ATS05 S64L FINE MASTER“ACTIVE SHAKE” スモラバ用にLUXXE ATS05 S66L FINE MASTER“SLACK MOTION” 7本用意しました。

朝の水温は5度後半。今日は寒い一日で、水温の上昇も見込めない。 とりあえず朝一は、春バスを狙う事に。

シャローのストラクチャー周りを、a href="http://www.luxxe.jp/products/rod/ats05.html" target="_blank">LUXXE ATS05 B68M-MULTI“MISSION MEDIUM”使用して、ライトテキサスで狙うものの反応がありません。 そこから徐々に狙う水深を下げながら、LUXXE ATS05 B68ML-CRANK MASTER“SHALLOW”を使用し、巻物でコンタクトポイントを狙います。 本当に心が折れるぐらいバスからの反応がありません。

そこで、先週と同じく水温が安定しているテトラ帯に移動! この日は満水で、浅いレンジにバスが入ってきていると仮定し、LUXXE ATS05 B70H MULTI MISSION“HEAVY”を使用して、テキサスリグをテトラの隙間にキャストします。

まずはリグをボトムまで落とし、ラインをテトラに引っかけた状態でスローにリグを浮かして誘います。 すると浮かせた瞬間に違和感があり、フッキング! そのまま一気にバスをテトラから出そうとしましたが、途中でシンカーかバスが挟まってしまいました。 ですがラインの角度を変えながら、テンションをかけ直し、なんとか誘導することに成功! そのままロッドパワーを活かしてボートデッキまでバスを持ってくる事が出来、1匹目を釣る事に成功しました♪

120308_ogi_02.jpg

完全に冬バスですね。 だがどうしても春バスが釣りたい。 残り少ない時間で、もう一度狙いに行くが反応がないまま釣り終了。

今回はLUXXE ATS05 B70H MULTI MISSION“HEAVY”を使用してテトラ滞で釣る事が出来ました。 テトラの隙間を狙う釣りでは、バスを掛け一気に抜くことが出来るロッドパワーが必要です。 LUXXE ATS05 B70H MULTI MISSION“HEAVY”には、そのロッドパワーがあり、複雑なストラクチャー周りで大活躍間違いなしです!

120308_ogi_01.jpg

■場所:茨城県 霞ヶ浦

■タックルデータ ロッド:LUXXE ATS05 B70H MULTI MISSION“HEAVY” リール:ダイワ ライン:フロロ 10lb. ルアー:ホッグ系 フック:がまかつ ワーム316