厳寒の精進湖

瀧本 英樹 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 12月17日 ■場所 ・・・ 山梨県 精進湖

みなさん明けましておめでとうございます。 昨年末12月17日に精進湖に冬バスを求めて行って来ましたので、その模様をお伝えします。

この日の朝の気温はマイナス6度。 到着したときには辺り一面霜が下りて真っ白で湖の縁は凍っていました。 レンタルローボートにエレキのスタイルで出船。 今年の精進湖は台風の影響で増水し、その影響がまだ残っていて例年に比べるとかなり水位が高い状況です。

その為か、例年冬に魚が集まるような深めの場所を丁寧に狙ってみるもまったくバイトがありません。 風も強まりかなり寒い状況に苦戦を強いられました。 夕方になってもノーバイトのまま、もうそろそろ終了となったところで少し浅いレンジの4mくらいの溶岩ハンプに残りウィードがある場所にベイトが溜まっていたので、シャッドプラグのジャーキングで狙うと待望のバイト!

120123_takimoto_02.jpg

慎重に取り込んだのは冬らしい“ぽってり”としたコンディションのバスでした。 それほど大きくはありませんでしたが厳寒期の1本は感動を与えてくれました。

120123_takimoto_03.jpg

さて、今回皆さんにぜひご紹介したいアイテムがあります。 それはがまかつ ダウンソックスです。

120123_takimoto_01.jpg

寒い時期の釣行では必ず足先が冷えるのですが、ダウンジャケットを履くような感覚でこのソックスを履けばびっくりするくらい暖かいです。 足の裏に滑り止めがあったり、足首を縛れるようになっていたり、機能的にも優れているので、これからの本格的な寒さになくてはならないお勧めアイテムです。

■場所:山梨県 精進湖

■タックルデータ ロッド:LUXXE ATS05 S70L-SM MASTER“SPLIT” ルアー:シャッドプラグ ライン:フロロ3lb. ウェア:がまかつ ライトフィールドスーツ ソックス:がまかつ ダウンソックス