満月の天橋立でランカー捕獲

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 12月中旬 ■場所 ・・・ 京都府 天橋立

いきなりですが、満月が好きです。 特に冬場の満月は、冷たい空気と蒼い景色が相まって、なんとも言えない雰囲気で非常に好きです。 あと、けっこう良い結果に恵まれている印象が強く、そっちの要因の方が強く影響しているのでしょう♪

そんな中、この日は満月(正確にはちょっと欠けてたかな?)なのでテンションも上って出かけました。 天橋立の相棒、LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 88M“TECHNICAL”MASTERを持って期待して現場に着いたものの、

・・・・・・潮が全く効いてない。。。 暫し同行者とクダラナイ話で盛り上がりつつ、潮が効くのを待ちます。 けっこうな長い時間を談笑で費やすものの、依然潮は動きの無いまま。 1人での釣行だったらとっくに帰っています(笑) ホント動かないねー今日はダメだねーなんて話していると、やっと緩~い流れが・・・

緩すぎるけど、一応やってみるかーって事でウェーディングを開始。 1投、2投・・・ やっぱり潮も効いてないしダメだな、と思いつつ3投目。 手前のカケアガリに差し掛かったところでコツンと小さいアタリ。

流れの無いときはセイゴしか食ってこないよなー。 と思いつつ、近い距離でヒットしたこともあり、グリグリ一気に寄せてサッサとランディング…

と、思った瞬間ガバガバッ!激しいエラ洗い!

至近距離で、なおかつ月明かりで明るいため、大きい頭を隣の釣友も確認できたほど。 そこから一気に走られLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 88M“TECHNICAL”MASTERも満月状態! 大慌てで慎重モードに修正し、体制を立て直そうとしますが、潮が効いていないので360度にグルグル走られます。

111220_miyazaki_02.jpg

111220_miyazaki_03.jpg

かなりアタフタしましたが何とかランディング。 なんともドンクサイ始末でしたが、LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 88M“TECHNICAL”MASTERがまかつ トレブルRB ミディアムに助けられました。 あのショートバイトをキッチリと拾って、不意の走りやど派手なエラ洗いでフッキングポイントが変わりつつも絡みついてキープするがまかつ トレブルRB ミディアムはやはり頼もしい限りです。 堂々とした大きい魚体を見て、この日もまた、満月の良い印象を強くしました。

111220_miyazaki_01.jpg

■場所:京都府 天橋立

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 88M“TECHNICAL”MASTER リール:シマノ ´10ステラ3000HG ライン:アバニ シーバスマックスパワー 11lb. リーダー:グランドマックスFX 4号 ルアー:タックルハウス TKLM"9/14"SW フック:がまかつ トレブルRB ミディアム #4