クラブチーム(lakers)の大会に参加

小木 乗彦 (関東エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 12月4日 ■場所 ・・・ 千葉県 霞ヶ浦

こんにちは。ラグゼスタッフの小木です。 12月に入り、朝晩の冷え込みが、きつくなってきました。 それに伴い、水温も低くなり、釣りづらくなってきました。

使用タックルは、 巻物用にLUXXE ATS05 B68ML-CRANK MASTER“SHALLOW” ノーシンカー用にLUXXE ATS05 B68M-MULTI“MISSION MEDIUM” フッドボール用にLUXXE ATS05 B70H MULTI MISSION“HEAVY” テキサス用にLUXXE ATS05 B610MH-MULTI MISSION“MEDIUM HEAVY” シャッド用にLUXXE ATS05 S70L-SM MASTER“SPLIT” ダウンショット用にLUXXE ATS05 S64L FINE MASTER“ACTIVE SHAKE” ネコリグ用にLUXXE ATS05 S66L FINE MASTER“SLACK MOTION”を用意しました。

この日は毎月開催しています、クラブチーム(lakers)の大会に参加してきました。 朝、釣りの準備をしていると、風が強いな~と思い、湖の状態を見ると案の定の荒れ模様… この日は最終戦でしたので、入賞して終わりたいと意気込んで参加してきました。

さて今回メインエリアとなったのは横利根川。 長さは3~4kg、幅20m。 その中で釣りをするのですが、この日は複数のマリーナの大会が開催されており、風裏となる横利根川はなんとも賑やか。 この時期は水温が低下し、バスの活性も低いので、シャッドや小さいシルエットのワームなどで狙うのが自分のパターンです。 そして、スタート後はまずシャッドでブレイクラインを狙いました。 使用するロッドは、LUXXE ATS05 S70L-SM MASTER“SPLIT”です。

ですが、バスからの反応がなく、時間だけが過ぎていきました。 そして10時頃、水温が上がってきたタイミングでシャローのストラクチャーをLUXXE ATS05 S64L FINE MASTER“ACTIVE SHAKE”を使用して、1/18ozのダウンショットで狙いました。 もちろんワームは2inchクラスのホッグ系をセット。 ストラクチャーにタイトにキャストして、ボトムまでリグを落し、ステイを繰り返します。 淡々と繰り返すと、モゾモゾとするバイトが! 慎重にフッキングして、無事1匹目を釣る事に成功。

111213_ogi_01.jpg

その後、淡々とキャストを繰り返すもののギルバイトのみ… お昼頃に、もう一度ブレイクラインをシャッドで流していくと、バイトがありましたが、フックアップ出来ませんでした。 その後も、ギルバイトが多数あったのみで帰着時間になってしまいました。

いざ検量が始まると、4組だけがウェイイン。これは入賞出来るか!? と、思いましたが、4位という結果。 優勝者もシャッドを使用して釣っていました。 自分と違っていた点は、自分はボトム付近を狙っていましたが、優勝者は中層を狙っていたという 事。 このレンジの差で、大きく釣果の差がでました。

今回はLUXXE ATS05 S64L FINE MASTER“ACTIVE SHAKE”を使用して、釣る事が出来ました。 このロッドはとても扱いやすく、ピンポイント狙いのショートキャストが面白いように決まります。

■場所:千葉県 霞ヶ浦

■タックルデータ ロッド:LUXXE ATS05 S64L FINE MASTER“ACTIVE SHAKE” リール:ダイワ ライン:フロロ 4lb. ルアー:2"アックスクロー フック:がまかつ ワーム321 ファインカスタム