JBジャパンオープンクラシック

瀧本 英樹 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 10月22日、23日 ■場所 ・・・ 長野県 野尻湖

10月22~23日に長野県 野尻湖で行われましたJBジャパンオープンクラシックに参加しました。 私のホームレイクで行われるとあって、気合を入れて臨んだ今大会。 プラを行ってわかったのは、シーズン中最も厳しいと思えるレイクコンディションであるという事。 しかし、わずかながら手ごたえを掴み、プラを終えました。

初日。 メインに用意したのはハードルアーを結んだ5タックル。 ワームを使った食わせの釣りで、バイトを得るのが極めて難しかったため、ハードルアーによるリアクションの釣りで押し通す事に決めました。 まず向かったのは菅川エリアのフラット。 ここにはワカサギの群れが大量にストックされており、バスの量もそこそこ多く前日プラでは良い感触を得られたのですが、当日は状況が一変し、まったくフィーディングモードに入らずノーバイトのまま2時間が過ぎました。 場所を砂間のフラットに移して、今度は単体でうろつくビッグフィッシュを狙っていくとようやくバイトがあったのですが、強烈なファイトに対応出来ず無念のフックアウト。 気を取り直して今度は大崎の7メーターラインに場所を移してしばらく流すと、待望のバイト! 今度はなんとかキャッチに成功し、1100gのキッカーでした。

それからいろいろ巡ったのですが、ノーバイトの時間が続き、タイムアップまであと1時間となったところでもう1度1本目を釣った大崎に場所を移して、ラスト15分のところでようやく2本目をキャッチ。

これも1200gオーバーのキッカーでした。 結局2本でのウェイインとなりましたが、サイズが良かったため2350gで初日10位と何とかお立ち台を狙える位置につけることが出来ました。

111203_takimoto_01.jpg

2日目。 お立ち台を狙うには最低初日と同じくらいのウェイトが欲しかったため、初日同様ビッグフィッシュ狙いの攻めの釣りを押し通す事に決めました。 しかし、また初日とも状況が変わってしまい、結局アジャスト出来ずにタイムアップ。 無念のノーフィッシュで大会を終える事になりました。 結果は32位まで順位を落とし残念でしたが、やりきったので悔いはありません。 この経験を今後に生かそうと思います。

この試合でメインに使ったのはミノーやシャッドでこれらをキャロライナリグで使いディープを攻略しました。 このとき使うロッドはLUXXE ATS05 S70L-SM MASTER“SPLIT”です。 スプリット用のこのロッドはハードルアーとの相性も良く、ドラッギングをする際キャスト以上にラインを引き出せないJBルールにおいて長さとテーパーによるキャスタビリティーで圧倒的なアドバンテージを得る事が出来る事と、魚を掛けてからの追従性がすばらしくハードルアーでもバラシを極力抑える事が出来ます。 野尻湖でのお勧めの1本です。ぜひお試しください。

■場所:長野県 野尻湖

■タックルデータ ロッド:LUXXE ATS05 S70L-SM MASTER“SPLIT”