毎年恒例 初冬のHDS

吉川 慎吾 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某日 ■場所 ・・・ 滋賀県 琵琶湖

111208_yoshikawa5_02_.jpg

今回は、毎年恒例の好調パターンであるヘビーダウンショットの釣りをご紹介。 冬期のブラックバスは、ベイトフィッシュを捕食するため動いている魚と、エビなどの甲殻類を捕食し越冬に備える魚に二極化します。 狙うエリアは浚渫絡みのポイントです。

このように水深の深くなったエリアは、水温が安定しており魚にとって居心地のよい越冬場所となります。 ロッドアクションはボトムを意識し、移動距離を抑えながらルアーを操作します。 浚渫エリアのブレイク周辺のゾーンは、魚にとってはターゲットを追い込む絶好のフィーディングスポット。 丁寧にじっくりと狙うことがオススメです!

これからの時期、寒波などの影響により、ディープエリアに魚が集まってきます。 みなさんも琵琶湖へお越しの際は、ヘビダンの釣りも是非試してみてください!

111208_yoshikawa5_01.jpg

■場所:滋賀県 琵琶湖

■タックルデータ ロッド:LUXXE ATS05 B610MH-MULTI MISSION“MEDIUM HEAVY” リール:フルーガー パトリアーク XT71LP-L ライン:サンライン FCスナイパー2lb. ルアー:O.S.P ドライブクローラー4.5 フック:がまかつ ワーム329 ハンガーHD #1