関東Cブロックチャンピオンシップ

瀧本 英樹 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 11月6日 ■場所 ・・・ 山梨県 山中湖

11月6日に山梨県 山中湖で開催されました、NBCチャプター 関東Cブロックチャンピオンシップに参加してきましたのでその模様をお伝えします。

この大会は東京、神奈川、山梨、河口湖、奥河口湖、富士河口湖校、山中湖、山中湖第2からなる関東Cブロックの各チャプターシリーズ戦で上位に入り権利を獲得したものだけが出場出来る決勝戦。 そしてこの大会は東日本決勝大会の予選も兼ねており、上位入賞者5名がその切符を手にすることができます。 今大会には各チャプターの権利獲得者が総勢80名参加と、大変盛り上がりを見せた大会となりました。 私自身山中湖の経験がほとんどなく、日程的に1日しか取れなかったプリプラを手探りの状態で開始しました。

その時の山中湖の水位はその更に数ヶ月前の台風の影響を引きずっていて、道路に溢れんばかりの超満水状態でした。 私の知る山中湖はカバーがまったくないツルンとした皿池でしたが、それとは一変、シャローは冠水植物のカバー天国と化しておりました。

しかしシャローカバーが得意な私的には、のっぺりした普段の山中湖よりは幾分希望がもてる状況でした。 そして少し前に放流があった事もあってプラではこういったカバーで魚が釣れることを確認して当日を迎える事となりました。

当日、用意したメインタックルはガード付きスモールラバージグとダウンショットをリグったPEパワーフィネス2本。 これらで冠水植物の中に時折隠れているバスをサイトで見つけて釣っていく作戦。 最初バスのポジションを把握するのにてこずりましたが、状況が分かってからはラッシュに突入し、入れ替えを繰り返しながらトータルで10本以上キャッチする事が出来ました。

111226_takimoto_01.jpg

結果、ネイティブと放流を織り交ぜて3本リミット2120gで8位でした。 惜しくも東日本決勝大会の権利を逃がしましたが、自分のスタイルでたくさん釣れたので楽しい大会となりました。

■場所:山梨県 山中湖

■タックルデータ スモラバ用 ルアー:自作スモールラバージグ ライン:PE16lb. ロッド:LUXXE ATS05 S70MH BIGLAKE MASTER“REACTION”

ダウンショット用 ルアー:ロイヤルシャッドプロ2.5inch ライン:PE4lb. ロッド:LUXXE ATS05 S63L-FINE MASTER“QUICK MOTION”