スモールマウスバス

小木 乗彦 (関東エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 10月16日 ■場所 ・・・ 長野県 野尻湖

こんにちはラグゼスタッフの小木です。 今回は霞ヶ浦水系を離れて長野県にあります、野尻湖に2日間行ってきました。 野尻湖には一年ぶりで、LUXXE ATS05を使用してスモールマウスバスを狙っていきました。

前日に用意したロッドは キャロシャッド用にLUXXE ATS05 S70ML-SM MASTER“CAROLINA” ライトキャロ用にLUXXE ATS05 S70L-SM MASTER“SPLIT” ダウンショット用にLUXXE ATS05 S61UL-FINE MASTER“SOLID SENSOR”の3本を用意しました。

この時期のスモールはディープでエビやワカサギを捕食しています。 そこで朝一、ディープフラットでワカサギやエビを捕食している個体を、LUXXE ATS05 S70L-SM MASTER“SPLIT”を使用して、ライトキャロで狙いましたが、例年と比べると魚探に映るワカサギの量が少ない。 案の定、バスからの反応がないまま移動を決意しました。

次は、ワカサギが回遊ルートになっていると思われる、各岬周りを同リグで狙うが反応がないので、LUXXE ATS05 S61UL-FINE MASTER“SOLID SENSOR”を使用してダウンショットで狙う事に。

111020_ogi_04.jpg

するとバイトがありフッキング。 するとスモール特有の強烈な引きがあり、無事に1匹目を釣る事に成功。

111020_ogi_02.jpg

その後も同リグで小さいバスを連続で釣る事が出来ましたが、大きいスモールバスが釣れない。 回遊のバスはタイミングがとても大事で、タイミングが合うと良型のバスが連続で釣る事が出来ます。 そのタイミングに合わすことが難しいですが。 そして、この日は良型のスモールを釣る事が出来ないまま終了しました。

次の日は、マリーナの大会に出場してきました。 朝一は先日良かった岬に行き、LUXXE ATS05 S61UL-FINE MASTER“SOLID SENSOR”を使用してダウンショットで狙うと、連続でヒットしてリミットメイク。

111020_ogi_03.jpg

だがサイズが小さい。 入れ替えサイズを狙いましたが、金太郎アメ状態で、入れ替えできるサイズが釣れないまま終了しました。

今回LUXXE ATS05 S61UL-FINE MASTER“SOLID SENSOR”をメインに使いましたが、ソリッドティップでバスに違和感なく食い込ませる事が出来、バイトしてきたすべてのバスを確実に釣る事に成功しました。

111020_ogi_01.jpg

■場所:長野県 野尻湖

■タックルデータ ロッド:LUXXE ATS05 S70L-SM MASTER“SPLIT” リール:ダイワ ライン:フロロ 2.5lb. ルアー:高比重ワーム フック:がまかつ ワーム326 スモール

ロッド:LUXXE ATS05 S61UL-FINE MASTER“SOLID SENSOR” リール:ダイワ ライン:フロロ 2.5lb. ルアー:マイクロチューブ、マイクロスワンプ フック:がまかつ ワーム326 スモール