ライトゲームのツバス

下田 英樹 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 9月8日 ■場所 ・・・ 三重県 伊勢湾

秋になると毎年楽しみにしている釣りがある。 ライトゲームのツバス。

111006_shimoda_02.jpg

お盆過ぎから回遊してくるツバスをライトタックルのキャスティングで狙うスタイル。 初期は30cmそこそこのサイズでメバルタックルに3lb.ラインで挑み充分に楽しむ事が出来る。 成長の早いツバスはひと潮ごとに大きくなり9月になる頃にはひとまわり大きくなりメバルタックルでは少々辛くなりメバルタックルからボートシーバスロッドの出番となる。 基本、ナブラを探してのキャスティングゲームとなるのである程度の飛距離は絶対条件。

そこで大きな武器になるのがLUXXE Deck stage 斬鱸GT S75M-R

111006_shimoda_05.jpg

これで9cmぐらいのペンシルベイトと軽めのジグをフルキャストすると気持ちよく飛んでくれる。 大海原で思いっきりキャストしてルアーが飛んでいく様を見ているだけでも爽快な気分を味わえて楽しめる。 9月に入ったこの日もツバスのナブラを探して早朝から出船した。

しかし、まぁ良くあることでナブラがなかなか見つからない。 見つけてもキャスト可能なところまで近づくとすぐに沈んでしまう。 ペンシルベイトを投げて派手なバイトで楽しみたいがナブラに届かないと話にならない。 オーバースペックだが28gのジグにがまかつ アシスト59 ライト 1/0を装着してキャストすると楽に60mほど飛んでくれるので少々離れたところからでもナブラを超えて攻略できる。

111006_shimoda_03.jpg

そんな感じでナブラを追い掛け回して何とか掛ける事ができたがさすがにボートシーバス用のロッドなので楽々のやり取りが出来る。 ボート近くまで寄せてきて最後の抵抗にボート下に突っ込んでいっても楽にいなし、バットパワーを生かしてゴボウ抜き。 ツバスを数匹追加したところで同じ海域で遊べるもう1つの楽しみシオを狙ってみた。

111006_shimoda_04.jpg

同じ大きさならツバスに比べると格段に引きが強く人気の高いターゲット。 ツバスと違いボイルしている事は少ないのでライトジギングで狙います。 ライトジギングといってもタックルは同じLUXXE Deck stage 斬鱸GT S75M-R 水深10~15m前後と浅く軽く投げて斜めにアクションを付けてくる。

使うジグも先ほどと同じ28gのジグで引き抵抗も少なく楽チンなお手軽ジギング。 釣れてくるシオのサイズは25cm~40cmとサイズはまちまちですが40cmぐらいのシオになればLUXXE Deck stage 斬鱸GT S75M-Rのバットまで絞り込むような引きで思わず声が出てしまうほど楽しませてくれる。

この日はLUXXE Deck stage 斬鱸GT S75M-R、1本で10匹ほどと少々不満の残る釣果でしたが小型青物のライトゲームを存分に楽しめた一日でした。

■場所: 三重県 伊勢湾

■タックルデータ ロッド:LUXXE Deck stage 斬鱸GT S75M-R リール:シマノ セフィアC3000 ライン:シーガーバトルエギⅡ 0.8号 リーダー:シーガーグランドマックス2.5号 ルアー:バスデイ チビナゴ28g フック:がまかつ アシスト59 ライト 1/0