真夏の琵琶湖ゲーム

吉川 慎吾 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某日 ■場所 ・・・ 滋賀県 琵琶湖

こんにちはーー!!! ヨッシーことラグゼスタッフ吉川です。

110811_yoshikawa_03.jpg

さて、今回は夏本番を迎えた琵琶湖での僕なりの釣り方などを簡単に解説したいと思います。

まずは最近の琵琶湖のコンディションですが、朝からセミがミンミンと蒸し暑い天気が続いており、滋賀県でも、夏本番を迎えつつあります。 表層水温は、南湖の沖のエリアでも軒並み30℃ほどあり、シャローエリアでも30℃を超えているエリアも珍しくありません。 熱中症対策万全にして、休憩をしながら水分補給をこまめに取る必要があります。

そして、釣り方としてはヘビーテキサスの釣りで狙います。 ヘビーウェイトのシンカーで、ウィードの濃いエリアを攻略します。 魚は、水温上昇とともに日中のタイミングなどには、夏の暑い日差しを避けて、避暑地となるウィードドームに集まります。

110811_yoshikawa_01.jpg

エリアとしては水深があり、カレントがあり、そしてなによりウィードの濃いスポットがヘビーテキサス場となります。 季節が、夏や冬場などは、魚を絞りやすい季節となりますので、魚のいるようなエリアを探すことができれば、連発する可能性があります。 状況によってはビッグサイズが次々と連発するラッシュとなります。 エキサイティングな琵琶湖ならでは、釣りでトルクフルなゲームで魅力的です。

今後の展開としては、夏の猛暑日が続くに釣れて、水温上昇と共に南湖の北エリアのディープエリアなどがよくなってくると思います。 是非、みなさんも夏の琵琶湖を攻略してみてはいかがでしょうか?

110811_yoshikawa_02.jpg

■場所:滋賀県 琵琶湖

■タックルデータ ロッド:LUXXE ATS05 B73XH-BIGLAKE MASTER“WILD MONSTER” リール:フルーガー パトリアーク XT71LP-L ライン:サンラインFCナイパー20lb. ワーム:OSP ドライブスティック4.5 フック:がまかつ ワーム316 3/0 シンカー:ザップ ヘビーショット 3/4oz