ジギング入門に最適な季節になりました

主原 剛 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・7月2日 ■場所 ・・・和歌山県 北部

ようやく海の中も賑やかになってきて、私が住む関西圏もジギングシーズン開幕な感じになってきました。 関西で夏の訪れを感じさせる釣り物と言えば「サバ」 特に明石界隈のサバは旨さが格別な事から、ジギングのベテランがこぞって狙う人気ターゲットで、メジロが釣れてもサバを最優先にしっかり鮮度保持して持ち帰る程です。

この投稿がブログにアップされる頃には、明石のサバもベストシーズンに入っているはずですが、取材時には運悪く船に乗りそこねたために先にシーズン入りしている和歌山県紀北のサバを釣りに出かけてきました。

釣れ始めると嫌というほど釣れるために、ベテランのジガーはサバを一段低く見る傾向がありますが、ジギングを始めたばかりの人には期待を裏切らず引きもそこそこ強いお勧めターゲット! 初心者の方を連れて行って、釣りを楽しんでもらうにはうってつけです。

今回メインで使用したのはLUXXE Ocean ALMEA B67M-RFと、LUXXE Ocean ALMEA S60M-Fです。 どちらもLUXXE Ocean ALMEAシリーズとしてはライトなロッドですが、サバなどの小物でも楽しく遊べる上に不意の大物にも余裕で対応出来る、近海ジギングとしては勧めのロッドです。

取材当日は朝から少雨、無風の上に潮の動きが無く、サバ釣りとしては予想外に苦戦! 雨は昼前には上がりましたが、引き続き無風&潮の動き無しで我慢の釣りが続きましたすが、本命としてはイワシを捕食しているタイやハタ類を釣りたいので、ひたすらに底から10mを狙います。 時折サバが混じりますが「今回もサバだろう」とタカをくくっていると、予想外の大物をバラしてしまうこともありますので、毎回キッチリ合わせを入れます。 が、流石に潮が動かないのは、いかんともしがたくホウボウが1匹混じったのみ!

夕マズメの時間になって、少し風が吹き出したと思ったらサバの食いが上向いて、急にサバ祭り開始です! 一旦釣れ始めると、ドンドン釣れるのがサバの面白い所。 しかもイワシを飽食しているサバは丸々に太っていて美味しそうです! 時折タチウオも混じりましたが、今回は潮の加減が悪かったのかタチウオが釣れ盛る事は無く、納竿となりました。

110704_nushihara_01.jpg

初心者の方に最適なターゲットのサバ。ベテランも食べて美味しく満足できますし、皆さんも楽しくライトジギング始めてみませんか?

■場所:和歌山県 北部

■タックルデータ ロッド:LUXXE Ocean ALMEA B67M-RF     LUXXE Ocean ALMEA S60M-F リール:ダイワ ソルティストLD(海外版)     シマノ ステラ5000HG ライン:ダイワ PE2号 リーダー:シーガー8号 フック:がまかつ シングルフック64 近海ミディアム ジグ:ディープライナーVB100g ダイワTGベイト120g