トカラ列島ロックショア

大川 漁志 (九州エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 6月某日 ■場所 ・・・ トカラ列島 諏訪の瀬島の地磯

前回5月中旬のトカラトリップで、カスミアジやGTにコテンパンにヤラれて枕を涙で濡らしてしまったので、今回はリベンジをかねてLUXXE Saltage CHEETAH-R 100XXHを磯に持ち込み、カスミアジ1本勝負!!

前回のラインシステムがライト過ぎた為、メインラインもPE5号、リーダー100lb.と通常の青物ラインシステムに変えて挑戦することに・・・。 そうこの海域ではサイズが選べないどころか想像を越えた、俗にいう掛っちゃいけない魚がたむろする海域なのだ。 なので、ヒラスズキロッドでは力不足、GTロッドでは物足りない・・・。 その間のパワーを持つLUXXE Saltage CHEETAH-Rシリーズがちょうどいいロッドとボクは思っている。 今回は、運よく波もなく磯に立つ事ができたので、釣友と二手に別れ気になるポイントを打っていく。 使用するルアーは15~12cmのトッププラグと、シンキングペンシルなどがあれば十分通用する。 先ずは、15cmのペンシルで探っていると6kgぐらいのカスミアジが手前の瀬から様子を見に飛び出てきたが、食う気配ではなかった。 その後も手前を探っていくと、小さなベイトが大量に跳ねるが見て分るので、ルアーサイズを小さい12cmポッパーに変えてゆっくりポッピングしていくと、おもしろいように反応しだした。 トッププラグを狙って海面が爆発する様子は、何度見てもおもしろい。 そして迫力満点だ!! 何度かのチェイスのあとブレイクラインから、『ガポッ』っという音を出して飛び出してきた! HITした距離が20mぐらいと近くラッキーだったが、アワセを入れるなりいきなりバットから曲がりスピーディーに瀬沿いにつっ込んで行くので、ドラグを締めフルスピードでポンピングし潜られないように寄せる。 110630_ookawa002_02.jpg

そのぐらい、カスミアジはアスリートである。 LUXXE Saltage CHEETAH-R 100XXHをフルパワーに使い、浮かせる事ができるとこっちの勝ちだ!! フックはがまかつ トレブルRB ヘビー #1を使用していたので強度、刺さりとも全く心配なかった。 瀬際まで寄せリーダーを掴み、

110630_ookawa002_01.jpg 『ヨッシャ―!!』 青い宝石といわれるぐらい美しいカスミアジとは程遠い色の抜けた魚だったが、今年もようやくこの魚に会えたことが嬉しかった。

110630_ookawa002_03.jpg

■場所:トカラ列島 諏訪の瀬島の地磯

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage CHEETAH-R 100XXH リール:ダイワ ソルティガ5000 ライン:PE 5号 スペーサー:PE 10号 リーダー:100lb. フック:がまかつ トレブル16 2/0     がまかつ トレブルRB ヘビー #1、#2 ルアー:フィードポッパー、スライドベイトなど