毎年初春有効なパターン

米田 友和 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 3月初旬 ■場所 ・・・ 某場所

皆様こんにちは。ラグゼスタッフ米田です。 今回は初春有効なジグヘッドについて。 ロッドはLUXXE ATS05 S66L FINE MASTER“SLACK MOTION”を使用しました。 ラインは5~6lb.

20110524yoneda2_02.jpg

20110524yoneda2_04.jpg

3月初春この時期になるとユキシロが入りバスの活性が低くなります。 そういう時はジグヘッドでのミドストが有効になってきます。その日に応じて3種類のミドストを試します。 ベイトを追いかけている時は通常のミドルを引くミドスト。 水温が下がった場合はウイードにコンタクトするかしないかのミドスト。 少し重めのジグヘッドを使いステイのミドスト。 この時期トレースライン変え、振動を与える事によって、バスに気づかせる事が大切ですね! すべてのミドストにおいてラインテンションは張らず、ラインの重みだけでのシェイクを心掛けています。

20110524yoneda2_03.jpg

20110524yoneda2_01.jpg 20110524yoneda2_05.jpg

やはりキモは、ラインテンションをはらないことだと思います。 LUXXE ATS05 S66L FINE MASTER“SLACK MOTION”と、がまかつ ラウンド25Rのコンビネーションも最高なので、是非試してみてはいかがでしょうか!

■場所:某場所

■タックルデータ ロッド:LUXXE ATS05 S66L FINE MASTER“SLACK MOTION” リール:ダイワ スティーズカスタム ZPI仕様 ライン:5lb. フック:がまかつ ラウンド25R 0.9~1.8g