ほとんどがポストスポーニング

植田 耕司 (四国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 5月初旬 ■場所 ・・・ 香川県野池

みなさんこんにちは、四国ラグゼスタッフの植田です。 野池おかっぱり釣行。 今の時期、香川の野池ではほとんどがポストスポーニングに入りだした感じです。

今回使用したロッドは、今年ニューリリースされたLUXXE XPRASH B70H プリスポーンの時期のような荒食いをすることも少なくなり、産卵後で体力的にもお疲れモードのバスが多くなっているので、横に動かすクランクなどのルアーよりも縦に動かすラバージグ、ノーシンカーなどのフォールで口を使わす釣りをしてみました。

ueda6_2.jpg

レイダウンやストラクチャーまわりで障害物に身を寄せてサスペンドしていバスを狙うため、LUXXE XPRASHシリーズ中、一番パワーのあるLUXXE XPRASH B70Hに、フロロの20lb.と強めのタックルをチョイス。

LUXXE XPRASH B70Hは、すごく軽いロッドで操作性も高く、魚をしっかりフッキングして障害物から引き離すパワーも十分です。 価格設定も、おさえられていて初めてLUXXEのロッドを手にする方だけでなく、2本目・3本目として選ぶのにもお勧めのロッドです。

ueda6_1.jpg

■場所:香川県 野池

■タックルデータ ロッド:LUXXE XPRASH B70H リール:シマノ カルカッタコンクエスト200 ライン:フロロ20lb. ルアー:O.S.P ドライブスティック6 フック:がまかつ ワーム316