4月の琵琶湖

小木 乗彦 (関東エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 4月2週目~4週目 ■場所 ・・・ 滋賀県 琵琶湖

こんにちはラグゼスタッフの小木です。 4月中は震災の影響で名古屋に行く事になりましたので、週末は琵琶湖に行き釣りをしていました。 そこで4月中の琵琶湖の状況を報告します。

まずはタックルに関しては、その日の状況に合わせてリグを変えていきました。 基本的には霞ケ浦と同じです。 巻物用にLUXXE ATS05 B68ML-CRANK MASTER“SHALLOW” ライトテキサス用にLUXXE ATS05 B68M-MULTI“MISSION MEDIUM” フットボール用にLUXXE ATS05 B70H MULTI MISSION“HEAVY” ヘビーダウンショット用にLUXXE ATS05 B610MH-MULTI MISSION“MEDIUM HEAVY” ジグヘッドワッキー用にLUXXE ATS05 S70ML-SM MASTER“CAROLINA” シャッド用にLUXXE ATS05 S70L-SM MASTER“SPLIT” ダウンショット用にLUXXE ATS05 S64L FINE MASTER“ACTIVE SHAKE” ジグヘッド用にLUXXE ATS05 S61UL-FINE MASTER“SOLID SENSOR” を用意しました。

4月2週目は、スポーニングする為、バスがシャローに上がってくるコンタクトポイントを狙いました。

ogi_3.jpg

この日の朝は小雨が降り、広範囲にバスが散らばり、中層にサスペンドしていると仮定して、LUXXE ATS05 S70L-SM MASTER“SPLIT”を使用し、シャッドをキャストしていきました。 遠投して中層をゆっくりとただ巻きするとひったくるバイトがあり、釣る事が出来ました。 その後は天気が回復すると共にバイトが減り、狙い方を変えていきました。 中層からボトムに移動したと仮定して、LUXXE ATS05 S70ML-SM MASTER“CAROLINA”を使用し、ジグヘッドワッキーで狙いました。 最初はボトムをずる引き、バイトがありません。 そこで今度はウィードの新芽に引っ掛けて外しながら狙うがバイトがありません。 ウィードの新芽にバスがいるのは間違いないのだが、あまり活性が高くないと判断して、今度はウィードの新芽に、引っ掛けてステイするとバイトがあり釣る事に成功。

ogi_2.jpg

やはりウィードにいることは間違いないと思い、ウィードに引っ掛けて、そのウィードを外さないままリフト&フォールをさせてステイ。 このアクションに反応が良く、2桁釣る事が出来ました。

ogi_1.jpg

3週目の土曜日は大潮でバスがシャローに移動していると仮定して、サイトフィッシングでスポーニングエリアを狙いました。 シャローを見て周ると先週とは違い、バスがウロウロしています。 そこでLUXXE ATS05 B70H MULTI MISSION“HEAVY”を使用して、1/2ozのフットボールジグで狙いました。 だがこの日は朝から徐々に風が強くなり、サイト出来る場所が限られていました。 そして数箇所目の風裏でシャローを見て周ると、今までに見たことがない大きいバスを発見。 見た感じ50cm以上はある。そこでフットボールのリアクションで狙うとバイトしてきましたが、フッキングミスしてしまいショック。 その後は風も強くなりサイトフィッシングが厳しい状況ですが、諦めかけた時に風が弱くなり、もう一度狙います。 キャストしたと同時に風が強くなり、見えない状況だが、数秒後ラインが走り、フッキングすると強烈な引き! 一瞬でデカイ!と思いやりとりして釣りあげると、なんと人生初の60up。

ogi_5.jpg

思わず叫んでしまった。 琵琶湖に行くからには釣りたいと思っていたので、最高の瞬間でした。

ogi_6.jpg

3週目の日曜日は知人方とマリーナの大会に参加してきました。 この日は前日と違い、風がなくサイトフィッシングが出来る状況だったので、朝からサイトフィッシング開始。 だがバスもプレッシャーなのか中々バイトしてこない。 そこでLUXXE ATS05 S61UL-FINE MASTER“SOLID SENSOR”を使用し、1/32ozのジグヘッドで狙いました。 バスがいるポジションの奥にキャストし、バスの目の前までミドストをしてくるとバイトしてきました。

ogi_4.jpg

この方法を1日中やり続け2人でリミット達成。 その後は数十gの入れ替えをして帰着時間になりました。 そして5匹の重量6400gで準優勝する事が出来ました。

ogi_7.jpg

4週目。この週が最後の琵琶湖。だが土曜日大雨。日曜日強風。 この週はコンタクトポイントをLUXXE ATS05 S70L-SM MASTER“SPLIT”を使用し、シャッドとLUXXE ATS05 S61UL-FINE MASTER“SOLID SENSOR”を使用し、1/32ozのジグヘッドで狙いました。 中層の釣りを押し通し2日間でイメージ通りに釣る事が出来ました。

ogi_8.jpg

ジグヘッドはキャスト後ボトムまで落とし、そこからら30~40cmぐらい上げたレンジを一定のリズムでミドストしてきました。 アクションなしのミドストが一番反応が良かったですね。

ogi_10.jpg

さて今回使用したロッドで60upを釣り上げたLUXXE ATS05 B70H MULTI MISSION“HEAVY”は、強烈なバスの突っ込みにも負けないほどバッドパワーがあり、リアクションの釣りには欠かせないロッドです。

そして今年新発売しました、LUXXE ATS05 S61UL-FINE MASTER“SOLID SENSOR”は、ティップの部分がソリッドティップになっていますので、バスがバイトしてもすぐに離す事無く、フッキングまでの準備が出来ます。 今回はミドストで使用することが多かったですが、食い込みが良いので一度も弾く事無く全てのバスを釣る事に成功しました。

ogi_9.jpg

5月からは霞ケ浦の釣行をアップします。

■場所:滋賀県 琵琶湖

■タックルデータ ロッド:LUXXE ATS05 S70L-SM MASTER“SPLIT” リール:ダイワ ライン:フロロ 5lb. ルアー:FOXY FRY フック:がまかつ トレブル17

ロッド:LUXXE ATS05 S61UL-FINE MASTER“SOLID SENSOR” リール:ダイワ ライン:フロロ 4lb. ルアー:Gテールサターン

ロッド:LUXXE ATS05 B70H MULTI MISSION“HEAVY” リール:ダイワ ライン:フロロ 12lb. ルアー:1/2フットボールジグ