スイミングショットの全貌

吉川 慎吾 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某日 ■場所 ・・・ 某場所

こんにちはーー!!! ヨッシーことラグゼスタッフ吉川です。

さて、今回は、がまかつから今シーズンに待望の発売となりました、がまかつ スイミングショット チューンド“コブラ” 3/8ozについて、僕なりの使用法などを解説したいと思います。

yoshikawa8_1.jpg

NEW がまかつ スイミングショット チューンド“コブラ”  3/8oz

yoshikawa8_2.jpg

がまかつ スイミングショット チューンド“コブラ”は、通常のラバージグの使い方とは違い、シャッドテールワームを使用を想定した、スイミングジグ専用設計。 現状の春の琵琶湖では、水深3.5m前後のウィードエリアでプリの魚を狙って使用。 主に、がまかつ ビッグバンブレードと、がまかつ スイミングショット チューンド“コブラ”のマキモノ系の釣りを展開しています。 スポーニングを意識した個体が、日中や夕方の水温上昇のタイミングでスクールになって、沖のウィードフラットでベイトなどを捕食するような状況をイメージして狙っています。

僕のこれらのルアーの使い分けとしては、濁りの入っている状況では、がまかつ ビッグバンブレードを選択します。 濁りの入った状況下でも、圧倒的なアピール力ががまかつ ビッグバンブレードの魅力です。 そして、水質がステインに近く濁りの入っていない状況では、がまかつ スイミングショットを使います。 スイミングジグは、僕のイメージでは、よりナチュラルなファーストムービング的な存在。

yoshikawa8_3.jpg

また、同じようなエリアで狙い続ける際は、目先を変える意味で、ルアーローテーション、カラーローテーションをマメにしてみると、ビッグバスが連発したりしますよーー! 使用法としては、ウィードのトップや、ウィード内にコンタクトさせながら使います。 ウィードにコンタクトさせ続けても、ワームの破損を防ぎ、ズレを防止するワイヤーキーパー搭載。 さらに、野池の陸っぱりなどでもガンガン使えるジグとなっており、オールマイティーに使えます。 是非、皆さんも琵琶湖や様々なフィールドでがまかつ スイミングショット チューンド“コブラ”を使ってビッグバスを狙ってみてはいかがでしょうか?

■場所:某場所

■タックルデータ ロッド:LUXXE ATS05 B73XH-BIGLAKE MASTER“WILD MONSTER” リール:フルーガー パトリアークXT64LP ルアー:がまかつ スイミングショット チューンド“コブラ” 3/8oz  ライン:サンライン FCスナイパー 16lb.