春爛漫 マキモノ最前線

吉川 慎吾 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 4月某日 ■場所 ・・・ 滋賀県 琵琶湖

こんにちはーーー!!! ヨッシーことラグゼスタッフの吉川です。

yoshikawa7_2.jpg

さて、今回は春の本番を迎えた琵琶湖での、エキサイティングなマキモノ系の釣りについて、簡単にザックリと解説させていだきたいと思います。

まずは、今現在の琵琶湖のコンディションとしては、プリ~アフターといった魚の個体がメインターゲット。 滋賀県ではようやく桜が満開し見頃を迎え、そろそろ散り始めるような状況となってきました。 琵琶湖の水温は10~15℃前後のコンディションとなり、プリ・ミッド・アフターといった魚が混在する季節です。 今年は春の訪れが少し遅いと感じていたものの、ようやく最低気温も10℃を下回る日も少なくなり、気温も水温も安定し、春らしくなってきました。

そして、ここ最近の琵琶湖で好調なのが、対ビックバスを想定したスピナーベイトである、がまかつから今年リリースされた『がまかつ ビッグバンブレード』が、春の琵琶湖のマキモノゲームの釣りで猛威を奮っています。

yoshikawa7_1.jpg

狙うエリアは、水深2.5~3m前後のウィードエリアがメインエリア。 スポーニングを目前に控えて、体力を蓄えるプリのコンディション狙い。 シャローへと上がる一歩手前のステージングエリアで、日中や夕方の水温が上がり始めるタイミングなどに、スクールで回遊するような個体を狙って、マキモノ系で広範囲を素早くチェックしていきます。

がまかつ ビッグバンブレードは、ウィードにコンタクトしても、すり抜け性能バツグン。 特に、ウィードにコンタクトさせて、ウィードから抜けた瞬間にバイトが多発します。 オフセットアッパーアームの繰り出すブレードとワイヤーの接触音は、高い集魚効果を発揮してくれます。 テンポよく、スピーディーに、琵琶湖のような広大なフィールドの、ウィードに潜む魚を呼び起こすことができるのががまかつ ビッグバンブレードの特徴です。 フックサイズは5/0となっており、ビッグバスにも負けない強靭なフックです!

yoshikawa7_3.jpg

また、今後はアフターからアフター回復といったコンディションの個体が増え始めて来る季節となります。 この季節は、スポーニング後で体力を回復する時なだけに、横の動きのルアーではなく、縦の動きをするルアーに反応する季節となります。 なので、がまかつ ウォーニングショット ショートシャンクなどのハネ系の釣りには要注意ですよーー!!

yoshikawa7_4.jpg

■場所:滋賀県 琵琶湖

■タックルデータ ロッド:LUXXE ATS05 B70H MULTI MISSION“HEAVY” リール:フルーガー パトリアークXT 64LP ルアー:がまかつ ビッグバンブレード  ライン:サンライン FCスナイパー 16lb