続アジ熱感染

大川 漁志 (九州エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 2月後半 ■場所 ・・・ 長崎県 壱岐の波止場 島ではアジ熱という釣り人ウイルスを仲間内に撒き散らし、今シーズンは特にアジングに燃えてます。 仲間内でもワームからプラグなど様々なテクニックを駆使し、サイズを狙って大盛り上がりです。 こんな時こそ実験や新たな発見が多いのも事実ですもんね♪

ookawa20_3.jpg

一見難しそうなこのメガアジ級の釣りも場所や、回遊ルートを見つければそう難しいゲームではありません。 誰にでも大型のアジと遭遇するチャンスはあるので余計燃えるゲームなんですね。 とはいっても、アミやプランクトンについたアジは反応がいまいちなのでベイト(小魚)についた群れを探すのが重要になってきます。 あとは、できるだけ潮の効くエリアを選択するようにしています。

基本タックルはLUXXE Coastline AJ S72M-solid.Fに風や潮流の状況でがまかつ スイミングコブラ 2~3g程度をつけフォールやただ巻きの速度を調整しながら誘っていきます。 大体はこの誘いであとはアジの活性しだいで釣れてくれます。 群れの活性が上がりボイルがおき出すとお祭り状態ですね。 この状態に遭遇すると何を投げても釣れます。笑 もし大型を狙うならプラグやワームサイズをあげるのいいかもしれませんね。

ookawa20_1.jpg

活性が低いときもプラグやカラーなど、目先を替えることでバイト数を稼げます。 そして高感度なLUXXE Coastline AJシリーズが水中の様子を伝えてくれるのでアジの繊細なアタリからひったくるようなエキサイティングなアタリまでわかります。

ボクの場合、短時間で魚をあげたいのでドラグ設定はかなりきつめにしており、アジも30cm後半になるとなかなかファイターになるのですが、そこをLUXXE Coastline AJ S72M-solid.Fが綺麗なベントを描いてしっかり受け止めてくれます。 その時まるでLUXXE Coastline AJ S72M-solid.Fが喜んでいるように感じ、ファイト中が楽しみなんですよね。

ワームの釣りに飽きると、5cmから9cm前後のプラグにも反応してくるので狙ってみますが、フックをがまかつ トレブルRB ミディアムヘビー #12~#14を使用しているので、ほとんどががっちりフッキングしています。 ワームの釣りが手返しも良くていいですがアジプラッキングも楽しいですよ♪

ookawa20_4.jpg

そして釣れた大型のアジは、知り合いの店に頼んで立派になって食卓に並びます。 これもアジ熱の楽しみ方でもありますよね~♪♪

「ごちそうさまでしたっ」

ookawa20_2.jpg

■場所:長崎県 壱岐の波止場

■タックルデータ ロッド:LUXXE Coastline AJ S72M-solid.F リール:ダイワ セルテート2500 ライン:PE 0.6号 リーダー:フロロ 2.5号 ジグヘッド:がまかつ スイミングコブラ 3~2g ルアー:フィネス ロッキースラッグ     デュエル ハードコアミノー50S フック:がまかつ トレブルRB ミディアムヘビー #12~#14