あきらめなければ・・・

行方 昌人 (関東エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 1月下旬 ■場所 ・・・ 千葉県 房総サーフ

1月下旬、まだまだ好調をキープしているサーフへ行ってきました。

タックルは遠投性重視でLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 96MH“SHOOTING”MASTERをセレクト。 朝マズメからスタートしてみますが、全体的にベイトが見えません。(汗) とりあえずサーフ全体の様子を見るために、テンポ良く移動を繰り返しながらキャストをしていきました。

しばらく移動すると、目の前に向きの違う流れがぶつかることで出来たヨレを発見し、ミノーをキャストしてみると、ドスンと強烈なバイトが手元に伝わりましたが、フッキングミス! 悔し~!!!

気を取り直してキャストを繰り返していると、再度強烈なバイト。 今度はフッキングも成功し、スムーズにランディングへ・・・と思いきや目の前でポロリ・・・。

悪夢です。 サイズもまずまずだったのに、朝からこんなことでは気が重いです。 この後、お決まりのように、投げ通してもバイトなし。 休憩して夕マズメのチャンスにかけてみることにしました。

陽が傾く15時過ぎから、朝とは違うサーフでスタート。 ベイトもほとんど確認できませんでしたが、回遊してくることを信じてキャストし続けました。 あっという間に陽が沈み、周りが暗くなり始めた時、ついに沈黙を破る鋭い当たりが手元に伝わりましたが・・・フッキングミス。

一瞬、悪夢がよぎりましたが、ふりきってキャスト。 バイトあったのはこの辺りだったよな~とイメージしていると、再びバイト。 あわせた瞬間かなりの重量級であることを確信してファイト開始。 LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 96MH“SHOOTING”MASTERが、フルに曲がっています。

私は魚とのやり取りでポンピングを極力しません。 ロッドを状況に応じなるべく低い位置に下げ、ひたすらラインを巻き取ります。 この時のやり取りのし易さは、ロッドの反発力がものすごく重要です。

LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 96MH“SHOOTING”MASTERのアクティブサスは私のランディングスタイルにもピッタリです。 アクティブサスのおかげで、スムーズに寄ってきたシーバスはがまかつ トレブルRB ミディアム3本がっちりくわえて無事ランディング。

namekata10_2.jpg

朝の悪夢がすべて飛びました。 やはりシーバスフィッシングはあきらめてはいけませんね。

namekata10_1.jpg

■場所:千葉県 房総サーフ

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 96MH“SHOOTING”MASTER リール:シマノ ステラ3000HG ライン:PE 16lb. リーダー:フロロカーボン 4号 スナップ:がまかつ 音速パワースナップM ルアー:スカジットデザインズ ヘビーワン、ハイドシャロー     シマノ サイレントアサシン     コアマン PB-30、CZ-30 フック:がまかつ トレブルRB ミディアム #6,#5,#4     がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー #8