初バスに向けてのフック考察

SHINGO (関東エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 1月某日 ■場所 ・・・ 某場所

こんにちは、SHINGOです。 寒い冬ですね。 バスプロの私のこの時期は釣りに行く事よりやる事が多いのも事実。 特に今年は、フィッシングショーにむけての開発や準備が重なり初釣り以外は時間が取れない日々を送ってます。

先日、サポートスタッフのSHINGOに2011年度のがまかつカタログが送られてきました。 ラグゼのページを見ると嬉しいニュースが多々ありました。 2011年度のLUXXE ATS05にニューモデルが追加されたり、新しいカテゴリーのロッドも追加されるみたいで今から楽しみです。 さて、釣りに行けないと元気がなくなります。 そこで道具の手入れなどをやっています。 釣り具を触っていると落ち着きますよね(笑) 特にフックの整理はやりがいがあります。 特別に私の試合用のフック収納ボックスの一部をお見せします。 参考になればいいのですが。 これが私の試合用のフックボックスです。

shingo6_2.jpg

これ以外のもフックボックスは試合にはもっていきますが、試合で使用頻度の高いボックスです。 基本はハードルアー用とソフトベイト用でわけています。 ハードルアー用はトレブルRBのMとMHを中心に入れています。 他にがまかつ トレブル13のレッドやがまかつ トレブル13FT(フェザー付き)、がまかつ トレブル21(フックの角度が違う) さらに、がまかつ ダブル12(角度120度)、がまかつ ダブル21(角度80度)を入れている。 フック以外ではリング各種、各種スナップ(がまかつ 音速パワースナップ)、スプリットプライヤー等。

shingo6_1.jpg

ソフトルアー用には、がまかつ ワーム321 ファインカスタムがまかつ ワーム322 スリムスタイルがまかつ ワーム321 バルキースタイルがまかつ ワーム328 スラストを中心にツアーシリーズも入れています。 マス針もがまかつ ワーム327 フリップスタイル(黒、赤)、がまかつ ワーム326 スモール、溺愛するがまかつ ワーム328 スラスト。 他にエアー抜き針。ラインカッター。

いかがかな? 少しでも参考になれば嬉しいです。