祝いのヒラマサ

大川 漁志 (九州エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 12月中旬 ■場所 ・・・ 壱岐地磯

島の特権というべきかどうかは分からないが、魚が食べたきゃ魚屋より海に行ったほうが早い・・・とは言いすぎかもしれないが。。 もう何年もそんな釣りを楽しんできているせいかそんな錯覚に陥っています。笑

ookawa13_1.jpg

そんな中、釣り仲間のお祝いや宴は釣った魚を持っていくのが、近年暗黙のルールみたいになっているので何かしら狙って釣る事にしています。 低気圧がきているので当然玄海灘の海は大荒れです。それでもアジやイカなどは比較的簡単に釣れるのですが、ちょっと主役的要素がないので食べても釣ってもおいしいヒラスズキを狙ってみました。

ロッドは、手前から沖まで広範囲に探れるLUXXE Saltage REFLEX 110MH-BILLOW MASTERです。 暗いうちからFからSのミノー・シンキングペンシルのローテーションで探っていくが、12月恒例の寒波到来で一気に海の活性が下がってしまいヒラスズキ君達のご機嫌もナナメなようです・・・。

ookawa13_2.jpg

こうなるとアングラーのワンアクションより自然のワンアクションの方が断然重要になってきます。 潮変わり、気圧変化など大きなアクションがあると事態が好転することもしばしばありますよね。 それを信じて一日粘っていればワンチャンスは必ず訪れるはず・・・とは言っても時間制限あるなかではなかなか厳しいのが現状だったりします。

この際データは全く無視し、直感のみで転々と磯を周ってみたのだがことごとく撃沈・・・。

こうやって反応が薄いときやあきらめ掛けた時のトッププラグは奇跡を起こすことが多い気がしてなりません。 あれってなぜでしょうね?迷ったときはトップです!! 皆さんもありませんか? そんなわけで12cmのリップルポッパーをサラシより先の流れに入れ、チャカチャカとアクション入れながらポーズをとっていくと、なんと明らかにヒラスズキとは違う出方でルアーをひったくっていきました。

実は少しだけ黄色いラインがちらっと見えたんですよね~。 そこからはヒラスズキ設定のドラグからラインが面白いぐらいでていきます。 おもしれ~って思えるぐらいだから結構余裕なんです(笑)

フックはがまかつ トレブルRB ミディアムヘビー バーブレス #2を使用でしていたので無理をしなければ獲れると信じていました。

でも水深は4m~6mぐらいある深場なので根に回られないようにドラグ調整をしながら LUXXE Saltage REFLEX 110MH-BILLOW MASTERのロッドパワーで魚をいなしながら、どうにかこうにか寄せることができ4kgUPのヒラマサを上げることができました。

ookawa13_3.jpg

磯からのヒラマサはやはり面白いですね。 ヒラスズキとは違いますがお祝いの魚には上出来だと思います。 そんなわけで何とかその夜は釣り仲間の経営するお店で仲間とヒラマサをおいしく頂くことができました。 また少し天候が安定したらヒラスズキ君の顔を見てみたいものです。 ookawa13_4.jpg

■場所:長崎県 壱岐地磯

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX 110MH-BILLOW MASTER リール:ダイワ セルテート3500HD ライン:PE 2号 ルアー:リップルポッパー12cm リーダー:ナイロン 40lb. フック:がまかつ トレブルRB ミディアムヘビー バーブレス #2 スナップ:がまかつ 音速パワースナップ L